オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ

出典: meddic

[[]]
ornithine carbamoyl transferase
[[]]


ornithine carbamoyl transferase

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/05/07 11:21:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 酵素関係(アイソザイムを含む) オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ(OCT) (広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査(第7版・1)その数値をどう読むか) -- (生化学的検査(1))
  • 酵素関係(アイソザイムを含む) イソクエン酸脱水素酵素(ICD) (広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査(第7版・1)その数値をどう読むか) -- (生化学的検査(1))
  • オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ欠損spf-ashマウスの高アンモニア血症治療へのオルニチンアミノトランスフェラーゼ阻害剤の応用
  • 李 孟賢,小林 圭子,佐伯 武頼,SEILER N
  • 日本先天代謝異常学会雑誌 14(2), 209, 1998-10-15
  • NAID 10018922146

関連リンク

栄養・生化学辞典 オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼの用語解説 - [EC2.1.3.3 ].シトルリンホスホリラーゼ,オルニチントランスカルバミラーゼともいう.カルバモイル リン酸+オルニチン→シトルリン+リン酸,を触媒する尿素生成系(尿素サイクル)の 酵素 ...
オルニチントランスカルバミラーゼ(Ornithine transcarbamylase、OTC)は、カルバ モイルリン酸とオルニチンからシトルリンとリン酸を作る時に働く酵素である。植物と 微生物では、OTCはアルギニンの生合成にも関与する。哺乳類ではOTCは ミトコンドリアに局在 ...

関連画像

アロステリック効果尿素回路 ‐ 通信用語の基礎 タンパク質・アミノ酸の異化 月30日(土)13:00~


★リンクテーブル★
リンク元オルニチンカルバモイル基転移酵素」「オルニチントランスカルバミラーゼ
拡張検索オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ欠損症
関連記事オルニチン」「トランス

オルニチンカルバモイル基転移酵素」

  [★]

ornithine carbamoyltransferase
オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ


オルニチントランスカルバミラーゼ」

  [★]

ornithine transcarbamylase
オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ

オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ欠損症」

  [★]

ornithine carbamoyltransferase deficiency disease
オルニチンカルバモイル基転移酵素欠損症


オルニチン」

  [★]

ornithine, Orn
α,δ-ジアミノ-n-吉草酸 α,δ-diamino-n-valeric acid2,5-ジアミノ-n-吉草酸 2,5-diamino-n-valeric acid2,5ジアミノペンタン酸 2,5-diamino pentanoic acid
オルニチン回路


  • アミノ酸の一種
  • 尿素回路でアルギニンから得られる。アルギニンから-C(NH)(NH3+)が取れた形。
  • 極性、塩基性
 -CH2-CH2-CH2-NH2
  α  β  γ >γアミノ基を有する。即ち、側鎖には炭素が3つ含まれる。<リジンと比べて炭素が一つ少ない。


オルニチン回路での反応


  • これはリジン



トランス」

  [★]

transt-、(心理)trance = 催眠状態 = トランス状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡