オリーブ

出典: meddic

olive
oliva
橄欖 かんらん


  • オリーブ核
  • 背側オリーブ核
  • 内側副オリーブ核
  • オリーブ核は錐体外路系に所属する
  • オリーブ核はオリーブ脊髄路、オリーブ小脳路の起始
  • オリーブ核は中心被蓋路が終止


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/25 15:33:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • オールジャパンでの輸出振興の必要性 : 讃岐牛・オリーブ牛振興会の取り組み (特集 オールジャパン・オール畜産での輸出振興 : さらなる拡大のための課題と方策)
  • オリーブのすべて(第7回)2.オリーブの生態と栽培(つづき)
  • 詩篇の思想と信仰(134)妻は葡萄の木、子らはオリーブの若枝

関連リンク

小豆島の観光、オリーブ販売、宿泊施設など 3月15日は「オリーブの日」 “オリーブウィーク” 開催(2015-03-05) 第3回健康オリーブ料理レシピコンテスト優秀作品がついに決定!
OLIVE des OLIVE オリーブ・デ・オリーブ公式通販サイト。non-no掲載、キッズ、子供服、通販限定アイテム多数!ショップスタッフコーデや売筋ランキングなど通販限定コンテンツも満載 ショッピング会員だけのお得な特典もアリ

関連画像

東洋オリーブさんの農園秋祭りが終わるとオリーブの オリーブ最高!!!オリーブオリーブ の最近のブログ記事オリーブNo.201ブラウンPVC

添付文書

薬効分類名

  • 軟膏基剤

販売名

オリブ油「ヨシダ」

組成

組成・性状

  • 本剤はオリーブノキの果実を圧搾して得た脂肪油である。

効能または効果

  • 軟膏、硬膏、リニメント剤などの基剤として調剤に用いる。


★リンクテーブル★
リンク元グルコン酸」「olive」「オリーブ脊髄路」「Olea europaea
拡張検索オリーブ橋小脳萎縮症」「下オリーブ核門」「遺伝性オリーブ橋小脳萎縮症」「X連鎖オリーブ橋小脳萎縮症」「下オリーブ

グルコン酸」

  [★]

gluconate, gluconic acid
グルコン酸カルシウム
  • C6H12O7

グルコン酸(—さん、gluconic acid)はグルコースの1位の炭素を酸化することによって生成するカルボン酸で、化学式 C6H12O7 で表わされる。光学活性化合物であり、天然には D体が存在、そのIUPAC命名法は (2R,3S,4R,5R)-2,3,4,5,6-ペンタヒドロキシヘキサン酸と表される。水に溶かすとグルコン酸イオン C6H11O7 となる。アルドン酸の一種。

構造と性質

6個の炭素鎖からなり、末端にカルボキシル基を、また2番目から6番目の炭素原子に1個ずつ計5個のヒドロキシ基を持つ。カルボキシル基はプロトン H+ を失うことによってアニオンになる性質を持つ。

酸性の溶液に溶かしたり、溶液から遊離の酸の単離を試みたりすると、容易に脱水して環状エステルであるグルコノデルタラクトン(D-(+)-グルコン酸-δ-ラクトン)へと変化する。水溶液中ではこの化合物との平衡混合物として存在するため、塩の形でしか不純物を含まないものは得られない。

グルコン酸は強力なキレート剤であり、特にアルカリ性の溶液中でよく作用する。カルシウム、鉄、アルミニウム、銅やその他の重金属イオンにキレート配位する。

存在と製法

天然には蜂蜜ワイン、果物の中に少量存在する。紅茶キノコや清涼飲料水のビオナーデ (Bionade) など、発酵食品にも含まれる。

化学的には D-グルコースを臭素水やヨウ素のアルカリ溶液で穏やかに酸化することによって得られる。生化学的には、Aspergillus Niger による D-グルコースの微生物酸化で生成する。グルコースを酸化する酵素グルコースオキシダーゼと呼ばれる。

用途

金属塩の沈殿の除去や、金属を洗浄する際に弱い酸として使われるほか、以下のような用途がある。

食品

グルコン酸およびその塩はpH調整剤として用いられる (E番号)。カルシウム塩は安定剤 (E578) として、カルシウムの乳酸との複塩(乳酸グルコン酸カルシウム)はカルシウム剤として使われる。グルコン酸鉄はオリーブの黒味を出すのに利用される (E579)。グルコノデルタラクトンも食品添加物として使われる (E575)。

医療

鉄の欠乏症に対する薬として利用される。グルコン酸亜鉛など他の金属イオンの塩も同様であるが、グルコン酸塩は体に吸収されやすい性質を持つ。また、取り込まれたグルコン酸イオンは体内の金属イオンを効果的に吸収されやすくする。この作用は皮膚からの吸収の場合でも同様であるため、フッ化水素で薬傷を受けた際にはグルコン酸カルシウムの軟膏が有効である。グルコン酸塩として取り込まれたカルシウムイオンは、溶解性のフッ化物イオンと結合して不溶性のフッ化カルシウムを形成し、これを無毒化する。


olive」

  [★]

オリーブ

Olea europaea

WordNet   license wordnet

「of a yellow-green color similar to that of an unripe olive」

WordNet   license wordnet

「a yellow-green color of low brightness and saturation」

WordNet   license wordnet

「one-seeded fruit of the European olive tree usually pickled and used as a relish」

WordNet   license wordnet

「evergreen tree cultivated in the Mediterranean region since antiquity and now elsewhere; has edible shiny black fruits」
European olive tree, Olea europaea

WordNet   license wordnet

「hard yellow often variegated wood of an olive tree; used in cabinetwork」

WordNet   license wordnet

「small ovoid fruit of the European olive tree; important food and source of oil」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉『オリーブ』[の木](南欧産の常緑樹) / 〈C〉オリーブの実(ピクルスにしたり,オリーブ油を採る) / (また『olive green』)〈U〉オリーブ色,黄録色 / オリーブの;オリーブ色のの」


オリーブ脊髄路」

  [★]

reticulospinal tract, olivospinal tract
オリーブ


Olea europaea」

  [★]

オリーブ

olive


オリーブ橋小脳萎縮症」

  [★]

olivopontocerebellar atrophy, OPCA, olivopontocerebellar atrophies
デジュリーヌ・トーマ病 Dejerine-Thomas diseaseオリーブ・橋・小脳萎縮症 olivo-ponto-cerebellar atrophyオリーブ橋小脳変性症 olivopontocerebellar degeneration
spinocerebellar ataxia, SCA1多系統萎縮症脊髄小脳変性症

概念

脊髄小脳変性症との関係

多系統萎縮症

  小脳失調 自律神経症状 錐体外路症状
オリーブ橋小脳萎縮症 OPCA MSA-C
Shy-Drager症候群 SDS
線条体黒質変性症 SND MSA-P

症状

YN.J-124
  • 歩行障害→運動失調→平衡障害→構音障害
  • 1. 小脳症状
  • 2. 錐体路症状
  • 3. 錐体外路症状
  • 4. 自立心液晶状
  • 5. 知能低下

治療

予後(YN.J-124)

  • 緩徐進行。発症後5-10年で死亡

国試


下オリーブ核門」

  [★]

hilum of inferior olivary nucleus
オリーブ核門


遺伝性オリーブ橋小脳萎縮症」

  [★]

hereditary olivo-ponto-cerebellar atrophy


X連鎖オリーブ橋小脳萎縮症」

  [★]

X-linked olivopontocerebellar atrophy


下オリーブ」

  [★]

inferior olive, IO




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡