オムスク出血熱ウイルス

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

(1), 定義 フラビウイルス科フラビウイルス属に属するオムスク出血熱ウイルスによる 感染症である。 (2), 臨床的特徴 自然界ではマダニとげっ歯類のあいだで感染環が 維持されている。ヒトは主にマダニの刺咬により感染するが、げっ歯類等の尿や血液 による ...
出血熱(しゅっけつねつ)とは、様々なウイルス感染の結果として起こる多様な症候群で あるが、たいてい高熱、白血球減少、精神状態の変調、易出血性をきたし、死に至ること も多い。以下の疾患が知られており、最初の4種類は日本における1種感染症である。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事ウイルス」「」「出血」「オムスク出血熱」「出血熱

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。





熱」

  [★]

heathotfever(→発熱)
アイソトープ加温発情発情期放射性加熱熱い熱感ホット


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量



オムスク出血熱」

  [★]

Omsk hemorrhagic fever
Omsk出血熱


出血熱」

  [★]

hemorrhagic feverhaemorrhagic fever





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡