オパーリン

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/27 01:06:35」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • アメフラシ類の化学防御機構 : 捕食者と同種個体の化学感覚に働く複数の化学物質
  • 神尾 道也
  • 比較生理生化学 29(1), 11-17, 2012-01-31
  • … それが,近年になって紫色の液体を構成する紫色のインクと白色のオパリンという二つの分泌物に含まれる化学防御物質群の解析が進み,その役割と仕組みが徐々に明らかにされてきた。 … 本稿では最近明らかにされてきたアメフラシの多重の化学防御機構,皮膚に含まれる2次代謝物とインクとオパリンの成分として放出される化合物群の正体とその役割について概説する。 …
  • NAID 10030754490
  • 「生命の歴史」の歴史(2)『生命の起源』(オパーリン)の克服によって捉えられた化学進化の実相

関連リンク

アレクサンドル・イヴァノヴィッチ・オパーリン(Алекса́ндр Ива́нович Опарин、 Aleksandr Ivanovich Oparin、ユリウス暦1894年2月18日(グレゴリオ暦3月2日)- 1980年4月21日)は、ソ連の生化学者。化学進化説の提唱者。
自然科学者の間では)一般的には、オパーリンなどによる物質進化を想定した仮説が 受け入れられているとされる。 生物が無生物質から発生する過程は、自然、実験の両方 で、観察、再現されていない。また理論的にも、生命の起源に関しては、決定的な解答 は ...

関連画像

オパーリンブルー♂オパーリン色変わりです。淡い  オパーリンライラックピンクオパーリンブルーオパーリングリーンパステルカラーオパーリン


★リンクテーブル★
関連記事リン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡