オニヒトデ刺症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

海洋生物による皮膚炎 オニヒトデ刺症. 房総半島以南の海洋に生息し、2cm以上の鋭い 棘で覆われ「いばらの冠ヒトデ」とも呼ばれる。 サンゴの食害動物で、大量発生すると 食べつくす。 オニヒトデ※体長60cmにまで達する。 写真提供:環境省国際サンゴ礁研究 ・ ...
海洋生物による皮膚炎 シロガヤ刺症. シロガヤは本州以南の暖海に生息する。黒色の クロガヤは、シロガヤに比べると毒性は弱い。 シロガヤ 体長約100~150mm ※植物の ように見えるが、ヒドロ虫体という動物の群体。 写真提供:串本海中公園センター ...

関連画像

価格の税抜き表示を知らせて 海の危険生物による刺咬症時の このwebサイトをご覧になるため


★リンクテーブル★
関連記事ヒトデ」「」「ヒト

ヒトデ」

  [★]

starfishAsteroidea
ヒトデ綱ヒトデ類ヒトデ属


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


ヒト」

  [★]

human, Homo sapiens




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡