オテラシル

出典: meddic

oteracil
オテラシルカリウム oteracil potassium
ティーエスワン配合

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高度肝転移をともなった膵癌に対する Gemcitabine/ テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(S-1)併用療法の治療成績
  • 松本 俊彦,竹治 智,浅木 彰則,梶原 猛史,仁科 智裕,堀 伸一郎,池田 宣央,灘野 成人,井口 東郎
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 108(12), 2003-2009, 2011-12-05
  • 膵癌は最も予後不良で,高度肝転移例ではさらに厳しく,1次化学療法の成否が予後を左右する.今回gemcitabine(GEM)/S-1併用療法(GS療法)を行った高度肝転移膵癌14例の治療成績を報告する.奏効率は43%で,14例全体でのprogression-free survival(PFS)およびoverall survival(OS)は186日および261日で,6カ月および1年生存率は各々71 …
  • NAID 10030299113
  • P-0516 テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合抗癌剤適正使用のための保険薬局用チェックリストから見た使用実態(一般演題 ポスター発表,調剤・処方鑑査・リスクマネジメント,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 澤田 康文,佐藤 宏樹,三木 晶子,堀 里子
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 267, 2011-09-09
  • NAID 110008909982
  • 症例 進行期有棘細胞癌に対しテガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合カプセル剤(TS-1)内服療法を施行した2例
  • 山田 南穂,堀本 浩平,吉川 桃子 [他]
  • 皮膚科の臨床 53(9), 1323-1327, 2011-09-00
  • NAID 40018977337

関連リンク

ティーエスワンとは?テガフール,ギメラシル,オテラシルの効能,副作用等を説明, ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:病気別版)
オテラシル カリウム Oxo, 主として消化管組織に分布してオロテートホスホリボシル トランスフェラーゼ(OPRT)を選択的に阻害し、5-FUからFUMPへの生成を選択的に 抑制します。その結果、TS-1投与により5-FUの強い抗腫瘍効果を損なうことなく、消化 管障害 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
術後薬物療法II 抗がん薬治療 薬疹情報 第13版(1980~2008)・ギメラシル・オテラシル 薬疹情報 第13版(1980~2008)、ギメラシル、オテラシル  オテラシル:TS-1)の作用機序

添付文書

薬効分類名

  • 代謝拮抗剤

販売名

ティーエスワン配合カプセルT20

組成

成分・含量

  • 1カプセル中
    テガフール 20mg
    ギメラシル 5.8mg
    オテラシルカリウム 19.6mg

添加物

  • 乳糖水和物、ステアリン酸マグネシウム、ゼラチン、ラウリル硫酸ナトリウム、酸化チタン

禁忌

  • 本剤の成分に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者
  • 重篤な骨髄抑制のある患者[骨髄抑制が増強するおそれがある。]
  • 重篤な腎障害のある患者[フルオロウラシルの異化代謝酵素阻害剤ギメラシルの腎排泄が著しく低下し、血中フルオロウラシル濃度が上昇し、骨髄抑制等の副作用が強くあらわれるおそれがある(「薬物動態」の項参照)。]
  • 重篤な肝障害のある患者[肝障害が悪化するおそれがある。]
  • 他のフッ化ピリミジン系抗悪性腫瘍剤(これらの薬剤との併用療法を含む)を投与中の患者(「相互作用」の項参照)
  • フルシトシンを投与中の患者(「相互作用」の項参照)
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)


効能または効果

  • 胃癌、結腸・直腸癌、頭頸部癌、非小細胞肺癌、手術不能又は再発乳癌、膵癌、胆道癌


結腸・直腸癌、頭頸部癌、非小細胞肺癌、膵癌、胆道癌の場合

  • 術後補助化学療法として、本剤の有効性及び安全性は確立していない。

非小細胞肺癌の場合

  • 非小細胞肺癌における本剤単剤での使用については、有効性及び安全性は確立していない。

手術不能又は再発乳癌の場合

  • 術前・術後補助化学療法として、本剤の有効性及び安全性は確立していない。
  • 本剤の投与を行う場合には、アントラサイクリン系抗悪性腫瘍剤及びタキサン系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法後の増悪若しくは再発例を対象とすること。
  • 初回化学療法における本剤を含む他の抗悪性腫瘍剤との併用療法に関して、有効性及び安全性は確立していない。
  • 通常、成人には初回投与量(1回量)を体表面積に合せて次の基準量とし、朝食後及び夕食後の1日2回、28日間連日経口投与し、その後14日間休薬する。これを1クールとして投与を繰り返す。

(表1)
なお、患者の状態により適宜増減する。増減量の段階を40mg、50mg、60mg、75mg/回とする。増量は本剤の投与によると判断される臨床検査値異常(血液検査、肝・腎機能検査)及び消化器症状が発現せず、安全性に問題がなく、増量できると判断される場合に初回基準量から一段階までとし、75mg/回を限度とする。また、減量は通常、一段階ずつ行い、最低投与量は40mg/回とする。


  • 表1
体表面積 初回基準量(テガフール相当量)
1.25m2未満 40mg/回
1.25m2以上〜1.5m2未満 50mg/回
1.5m2以上 60mg/回
  • 通常、患者の状態に合せ増減する場合、次の用量を参考とする。
    なお、増量する場合は1クール毎とし、一段階の増量にとどめること。

初回基準量:40mg/回

  • 減量:休薬
    増量:50mg/回

初回基準量:50mg/回

  • 減量:40mg/回→休薬
    増量:60mg/回

初回基準量:60mg/回

  • 減量:50mg/回→40mg/回→休薬
    増量:75mg/回
  • 治療上やむを得ず休薬期間を短縮する必要がある場合には、本剤の投与によると判断される臨床検査値異常(血液検査、肝・腎機能検査)及び消化器症状が発現せず、安全性に問題がないことを確認した上で実施すること。ただし、その場合であっても少なくとも7日間の休薬期間を設けること。なお、手術不能又は再発乳癌においては休薬期間の短縮を行った場合の安全性は確立していない(使用経験はない)。
  • 骨髄抑制、劇症肝炎等の重篤な副作用を回避するために各クール開始前及び投与期間中は2週間に1回以上、臨床検査(血液検査、肝・腎機能検査等)を行うなど、患者の状態を十分に観察すること。異常が認められた場合には休薬期間の延長、上記に準じた減量、投与中止等の適切な処置を行うこと。特に1クール目及び増量時には頻回に臨床検査を実施すること(「臨床成績」の項参照)。
  • 基礎的検討(ラット)において空腹時投与ではオテラシルカリウムのバイオアベイラビリティが変化し、フルオロウラシルのリン酸化が抑制されて抗腫瘍効果の減弱が起こることが予想されるので食後投与とすること。
  • 非小細胞肺癌においては、後期臨床第II相試験(本剤21日間連日経口投与に、シスプラチン60mg/m2を第8日目に投与)で用いられた用法・用量以外の有効性及び安全性は確立していない。
  • 本剤と胸部又は腹部放射線療法との併用に関しては有効性及び安全性は確立していない。


慎重投与

  • 骨髄抑制のある患者[骨髄抑制が増強するおそれがある。]
  • 腎障害のある患者[フルオロウラシルの異化代謝酵素阻害剤ギメラシルの腎排泄が低下し、血中フルオロウラシル濃度が上昇し、骨髄抑制等の副作用が強くあらわれるおそれがある(「薬物動態」の項参照)。]
  • 肝障害のある患者[肝障害が悪化するおそれがある。]
  • 感染症を合併している患者[骨髄抑制により、感染症が悪化するおそれがある。]
  • 耐糖能異常のある患者[耐糖能異常が悪化するおそれがある。]
  • 間質性肺炎又はその既往歴のある患者[間質性肺炎が発現又は増悪するおそれがある。]
  • 心疾患又はその既往歴のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 消化管潰瘍又は出血のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)


重大な副作用

骨髄抑制、溶血性貧血:

  • 汎血球減少、無顆粒球症(症状:発熱、咽頭痛、倦怠感等)、白血球減少、貧血、血小板減少等の重篤な骨髄抑制(頻度上記)、溶血性貧血(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

播種性血管内凝固症候群(DIC):

  • 播種性血管内凝固症候群(DIC)(0.4%)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、血小板数、血清FDP値、血漿フィブリノゲン濃度等の血液検査に異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

劇症肝炎等の重篤な肝障害(頻度不明)(「警告」の項参照)

脱水症状:

  • 激しい下痢があらわれ、脱水症状(頻度不明)まで至ることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、補液等の適切な処置を行うこと。

重篤な腸炎(0.5%):

  • 出血性腸炎、虚血性腸炎、壊死性腸炎等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、激しい腹痛・下痢等の症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

間質性肺炎:

  • 間質性肺炎(0.3%)(初期症状:咳嗽、息切れ、呼吸困難、発熱等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、胸部X線等の検査を行い、ステロイド治療等の適切な処置を行うこと。

心筋梗塞、狭心症、不整脈、心不全:

  • 心筋梗塞、狭心症、不整脈(心室頻拍等を含む)、心不全(いずれも頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、胸痛、失神、動悸、心電図異常、息切れ等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

重篤な口内炎、消化管潰瘍、消化管出血、消化管穿孔:

  • 重篤な口内炎(頻度不明)、消化管潰瘍(0.5%)、消化管出血(0.3%)、消化管穿孔(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、腹部X線等の必要な検査を行い、適切な処置を行うこと。

急性腎不全、ネフローゼ症候群:

  • 急性腎不全、ネフローゼ症候群等の重篤な腎障害(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群):

  • 中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

白質脳症等を含む精神神経障害:

  • 白質脳症(意識障害、小脳失調、認知症様症状等を主症状とする)や意識障害、失見当識、傾眠、記憶力低下、錐体外路症状、言語障害、四肢麻痺、歩行障害、尿失禁、知覚障害(いずれも頻度不明)等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

急性膵炎:

  • 急性膵炎(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、腹痛、血清アミラーゼ値の上昇等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

横紋筋融解症:

  • 筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症(頻度不明)があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。また、横紋筋融解症による急性腎不全の発症に注意すること。

嗅覚脱失:

  • 嗅覚障害(0.1%)があらわれ、嗅覚脱失(頻度不明)まで至ることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

涙道閉塞:

  • 涙道閉塞(頻度不明)があらわれ、外科的処置に至った例が報告されている。流涙等の症状があらわれた場合には、眼科的検査を実施するなど適切な処置を行うこと。


薬効薬理

抗腫瘍効果24〜26)

  • 吉田肉腫、腹水肝癌AH-130、佐藤肺癌(ラット)及びSarcoma-180、ルイス肺癌、Colon26(マウス)等の各種皮下移植腫瘍、また、ヒト胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、膵癌、腎癌皮下移植腫瘍(ヌードラットあるいはヌードマウス)に対し、腫瘍増殖抑制効果を示した。また、ルイス肺癌の肺転移モデル及びL5178Yの肝転移モデル(マウス)において延命効果を示し、さらにヒト胃癌及び大腸癌株を同所再建したモデル(ヌードラット)においてもTS-1は腫瘍増殖抑制効果を示した。

TS-1の作用機序27〜31)

  • TS-1はFT、CDHP及びOxoの三成分を含有する製剤であり、経口投与後の抗腫瘍効果は体内でFTから徐々に変換される5-FUに基づいている。
    CDHPは主として肝に多く分布する5-FU異化代謝酵素のDPDを選択的に拮抗阻害することによって、FTより派生する5-FU濃度を上昇させる。この生体内5-FU濃度の上昇に伴って、腫瘍内では5-FUのリン酸化代謝物である5-フルオロヌクレオチドが高濃度持続し、抗腫瘍効果が増強する。また、Oxoは経口投与により主として消化管組織に分布してorotate phosphoribosyltransferaseを選択的に拮抗阻害し、5-FUから5-フルオロヌクレオチドへの生成を選択的に抑制する。その結果TS-1投与により5-FUの強い抗腫瘍効果を損なうことなく消化器毒性が軽減されると考えられている。
    5-FUの作用機序は主として活性代謝物であるFdUMPがdUMPと拮抗し、thymidylate synthase及び還元葉酸とternary complexを形成することによるDNA生合成阻害による。また、FUTPに変換されてRNA機能を障害するともいわれている。


有効成分に関する理化学的知見

テガフール

一般名

  • テガフール(Tegafur)

化学名

  • 5-Fluoro-1-[(2RS)-tetrahydrofuran-2-yl]uracil

分子式

  • C8H9FN2O3

分子量

  • 200.17

融点

  • 166〜171℃

性状

  • 白色の結晶性の粉末である。メタノール又はアセトンにやや溶けやすく、水又はエタノール(95)にやや溶けにくい。希水酸化ナトリウム試液に溶ける。メタノール溶液(1→50)は旋光性を示さない。

ギメラシル

一般名

  • ギメラシル(Gimeracil)

化学名

  • 5-Chloro-2,4-dihydroxypyridine

分子式

  • C5H4ClNO2

分子量

  • 145.54

融点

  • 約262℃(分解)

性状

  • 白色の結晶性の粉末である。水酸化ナトリウム試液又はN,N-ジメチルホルムアミドにやや溶けやすく、メタノールにやや溶けにくく、エタノール(99.5)に溶けにくく、水に極めて溶けにくい。

オテラシルカリウム

一般名

  • オテラシルカリウム(Oteracil Potassium)

化学名

  • Monopotassium 1,2,3,4-tetrahydro-2,4-dioxo-1,3,5-triazine-6-carboxylate

分子式

  • C4H2KN3O4

分子量

  • 195.17

融点

  • 300℃以上

性状

  • 白色の結晶性の粉末である。pH8.0リン酸塩緩衝液又は水に溶けにくく、エタノール(99.5)又はメタノールにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元ティーエスワン」「ティーエスワン配合

ティーエスワン」

  [★]

TS-1

添付文書

  • [display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4229101D1025_1_03/4229101D1025_1_03?view=body


ティーエスワン配合」

  [★] テガフールギメラシルオテラシルカリウム(オテラシル)

代謝拮抗剤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9下壁梗塞8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14Frequency of Manual Blowdown mail7
15brom+tech+心臓6
16+白衣を着る理由 看護師 原著6
17セリンプロテイナーゼ6
18プロステーシス+整形外科6
19体幹ギプス固定 画像6
20十二指腸係蹄とは5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1先天性肛門狭窄2
2Suen Zhang suenzhang@gmail.com mail2
3Peliosis+hepatitis+肝臓紫斑病2
4ジャテーン手術2
5皮髄境界不明瞭2
6ピーエヌツイン+ 配合変化++2
7無鉤条虫+頭部2
8ナボット卵2
9CATTLE BLEEDING LINE mail2
10CATTLE SKIN DEHIDER mail2
11線維腫症+fibromatosis2
12施行規則+学校教育法2
13部分交換輸血とは2
14wannsinnkeisou+2
15閉鎖へるにあ2
16肝細胞逸脱酵素2
17cheese cutter machine manufactures Co. ltd@email address mail2
18ボルグスケール+看護1
19ムコイド 肺炎球菌 中耳炎1
20グルカゴン負荷1