オキセサゼイン

出典: meddic

oxethazaine
ストロカイントピカイン


和文文献

  • オキセサゼイン軟膏による肛門手術後疼痛の管理
  • 高山 鉄郎
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 53(4), 237-240, 2000-04-00
  • Oxethazaine is the strongest and long acting local anesthetic and, is long applied as an analgesic for gastric pain. The ointment including 2.5% Oxethazaine powder was prepared, and its pain control a …
  • NAID 10005040638
  • 心室性期外収縮に対するMexiletineの臨床効果およびその消化器系副作用の対策について
  • 川村祐一郎,田中秀一,松橋浩伸,尾畑弘美,丸山純一,今本哲郎,長谷部直幸,山下裕久,小野寺壮吉
  • 薬理と治療 16(4), 1747-1758, 1988-04-00
  • … 雑誌掲載版抗不整脈薬mexiletine (MX) 300 mgおよび450 mg/日の心室性期外収縮(VPC)に対する臨床効果を,39例の患者について,主にホルター心電図を用いて検討した.また消化器症状改善剤オキセサゼイン(OX)およびマレイン酸トリメプチン(TM)の,MXの消化器系副作用に対する効果も併せて検討した.VPC数減少率からみれば,MXの有効率は61.6%であった.VPC重症度も加味した不整脈改善度では,66.7%の症例が「有効」以上と判定された.消化器 …
  • NAID 80003870825

関連リンク

ストロカインとは?オキセサゼインの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
オキセサゼインの特徴・作用機序・服薬指導内容など。 ... 調剤薬局に勤務している薬剤師が薬の効能・効果・副作用・作用機序などを説明します。 新薬や薬価の情報も載せています。
胃の総合ホームページ「胃のサイエンス」では、胃もたれ,胃痛,胸やけなど胃の健康に関する情報をお届けしています。 ... 種類 鎮痛鎮痙成分 働き 胃粘膜に直接作用して、胃痛や吐き気などの刺激をブロックします。 適した症状 胃の ...

関連画像

オキセサゼインとは、局所麻酔  31)一般名:オキセサゼイン オキセサゼイン ロート エキスoxethazaine オキセサゼイン 薬理

添付文書

薬効分類名

  • 消化管粘膜局麻剤

販売名

ストロカイン錠5mg

組成

  • 1錠中にオキセサゼイン5mgを含有するわずかに褐色を帯びた白色の素錠である。
    添加物として含水二酸化ケイ素、結晶セルロース、水酸化アルミニウム、ステアリン酸カルシウム、タルク、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、トウモロコシデンプンを含有する。

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

下記疾患に伴う疼痛・酸症状・あい気・悪心・嘔吐・胃部不快感・便意ひっ迫

  • 食道炎、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、過敏性大腸症(イリタブルコロン)


錠5mg

  • 通常成人1日3〜8錠(オキセサゼインとして1日15〜40mg)を3〜4回に分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

顆粒5%

  • 通常成人1日0.3〜0.8g(オキセサゼインとして1日15〜40mg)を3〜4回に分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。


薬効薬理

局所麻酔作用

  • 本薬の局所麻酔作用は、ウサギの角膜においてプロカインの4,000倍、コカインの500倍を示す。また、本薬の局所麻酔作用はpH1.0〜2.0の強酸性下でも影響を受けず、強力な局所麻酔作用を示す。2) 3)

ガストリン遊離抑制作用

  • Heidenhain pouchイヌを用いた実験では、本薬の経口投与により、アセチルコリン刺激による胃幽門部からのガストリンの遊離を抑制する。4)

胃酸分泌抑制作用

  • イヌを用いた実験では、本薬の経口投与により、ペンタガストリン又は食じ刺激による胃酸分泌を抑制する。5)
    消化性潰瘍患者に本薬を経口投与し、胃内pHの変動をpH電極を胃内に挿入して測定すると、投与1時間後には全例の胃内pHは3以上に上昇する。6)

胃腸管運動抑制作用

  • 麻酔イヌに本薬を経口投与すると胃の自律運動は抑制され、更に塩化バリウムによって実験的に引き起こされた胃、十二指腸の運動亢進を本薬は緩解させる。7)


有効成分に関する理化学的知見

一 般 名

  • オキセサゼイン(Oxethazaine)

(別 名)

  • Oxetacaine 〔国際一般名称(INN)〕

化 学 名

  • 2,2′‐(2‐Hydroxyethylimino)bis[N‐(1,1‐dimethyl‐2‐phenylethyl)‐N‐methylacetamide]

分 子 式

  • C28H41N3O3

分 子 量

  • 467.64

構 造 式

物理化学的性状

  • オキセサゼインは白色〜微黄白色の結晶性の粉末である。本品は酢酸(100)に極めて溶けやすく、メタノール又はエタノール(95)に溶けやすく、ジエチルエーテルにやや溶けにくく、水にほとんど溶けない。

融  点

  • 101〜104℃


★リンクテーブル★
リンク元スイッチOTC

スイッチOTC」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡