オキシフェンブタゾン

出典: meddic

oxyphenbutazone

和文文献

  • 高速液体クロマトグラフィーによるウマ血しょう及び尿中フェニルブタゾンとその代謝物の定量(<特集>医薬品の分析)
  • 篠原 達美,石高 治,田中 恒夫,百瀬 篤
  • 分析化学 35(3), 278-282, 1986-03-05
  • … ウマ血しょう及び尿中のフェニルフタゾン及び代謝物のオキシフェンブタゾン,γ-ヒドロキシフェニルブタゾンの高速液体クロマトグラフィーによる定量法を検討した.抽出溶媒はジクロルメタン又はベンゼンを使用した.カラムはCosmosil 5C_<18>を用い,移動相は血しょうの場合,アセトニトリル-水-酢酸(55:42:3,v/v),尿では(49:48:3,v/v)を使用し,流速1.0ml/min.検出は254nmで行った.内標準物質はメテノロンを使用した.この移動相中 …
  • NAID 110002909329
  • イブプロフェン坐剤(UP-50)の解熱効果について--オキシフェンブタゾン坐剤との多施設二重盲検試験の報告

関連リンク

②ピラゾリジン誘導体 フェニルブタゾン、オキシフェニルブタゾン(フェニルブタゾンの代謝 物)、 ケトフェニルブタゾン、フェプラゾン、スルフィンピラゾンなどがある。 解熱鎮痛作用は ... 1984年にフェニルブタゾン、オキシフェンブタゾンによる顆粒球減少症、消化管出血、 ...
1984年にフェニルブタゾン、オキシフェンブタゾンによる顆粒球減少症、消化管出血、皮膚 障害などの重篤な副作用が問題となり、死亡例も報告されたことから、適応が限定された 。それを契機に厚生省は1986年、「非ステロイド性消炎鎮痛薬の安全性の見直し」を ...

関連画像

潰瘍治療用プロトンポンプ阻害 オキシフェンブタゾン誘導体に オキシフェンブタゾン誘導体に オキシフェンブタゾン誘導体に オキシフェンブタゾン誘導体に オキシフェンブタゾン誘導体に


★リンクテーブル★
リンク元oxyphenbutazone
関連記事ブタ

oxyphenbutazone」

  [★]

オキシフェンブタゾン

WordNet   license wordnet

「an anti-inflammatory drug (trade name Tandearil) used to treat arthritis and bursitis」
Tandearil


ブタ」

  [★]

pigswineporcine
イボイノシシ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡