オキシコドン

出典: meddic

oxycodone
ジヒドロヒドロキシコデイノン dihydrohydroxycodeinone
塩酸オキシコドン oxycodone hydrochlorideオキシコドン塩酸塩
オキシコンチンオキノームオキファストパビナール・アトロピンパビナール
アヘンアルカロイド系麻薬



添付文書

  • オキノーム散2.5mg/**オキノーム散5mg/**オキノーム散10mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/8119002B2023_1_01/8119002B2023_1_01?view=body


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/19 23:03:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • デュロテップ®MTパッチ2.1mgの処方状況調査
  • 田島博樹,上島健太郎,佐藤大輔,細山寛代,中島輝一,井上忠夫
  • 国際医療福祉大学紀要 15(1), 54-58, 2010-07-31
  • … 1年間で122件の処方があり,先行オピオイドはモルヒネ8件,オキシコドン42件,フェンタニル9件であった。 …
  • NAID 110007613625
  • 臨床講座(24)がんの疼痛緩和

関連リンク

オキシコンチン. オキシコドン (oxycodone) とは、アルカロイド系の鎮痛剤の一種。 アヘンに含まれる成分のテバインから合成される。塩酸塩(塩酸オキシコドン)が オキシコンチンの名称で市販されている。 分子式は C18H21NO4、分子量は 315.364 、CAS登録 ...

関連画像

MTR-020] オキシコドン (Oxycodone オキシコドン」トヨタ役員 オキシコドン散、オキシコドン オキシコドン : 急上昇ワード MSツワイスロンカプセル 写真オキシコドンとモルヒネの経口 オキシコドン 内服 便秘 吐き気 オキシコドン

添付文書

販売名

パビナール・アトロピン注

組成

容量

  • 1管(1mL)

1管中の有効成分

  • オキシコドン塩酸塩水和物 8mg
    ヒドロコタルニン塩酸塩水和物 2mg
    アトロピン硫酸塩水和物 0.3mg

添加物

  • pH調整剤

禁忌

  • 重篤な心疾患のある患者
    [症状を悪化させるおそれがある。]
  • 重篤な呼吸抑制のある患者
    [呼吸抑制を増強する。]
  • 気管支喘息発作中の患者
    [気道分泌を妨げる。]
  • 重篤な肝障害のある患者
    [昏睡に陥ることがある。]
  • 慢性肺疾患に続発する心不全の患者
    [呼吸抑制や循環不全を増強する。]
  • 痙攣状態(てんかん重積症、破傷風、ストリキニーネ中毒)にある患者
    [脊髄の刺激効果があらわれる。]
  • 急性アルコール中毒の患者
    [呼吸抑制を増強する。]
  • アヘンアルカロイド及びアトロピンに対し過敏症の既往歴のある患者
  • 緑内障の患者
    [アトロピンの抗コリン作用により房水通路が狭くなり眼圧が上昇し、緑内障を悪化させるおそれがある。]
  • 前立腺肥大による排尿障害、尿道狭窄、尿路手術術後の患者
    [排尿障害を増悪することがある。]
  • 器質的幽門狭窄、麻痺性イレウス又は最近消化管手術を行った患者
    [消化管運動を抑制する。]

効能または効果

  • ○激しい疼痛時における鎮痛・鎮静・鎮痙
  • ○激しい咳嗽発作における鎮咳
  • ○麻酔前投薬
  • 通常、成人には、オキシコドン塩酸塩水和物として、1回3?8mg(本剤0.375?1mL)を皮下に注射する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 心機能障害のある患者
    [循環不全を増強するおそれがある。また、アトロピンの抗コリン作用により、心臓に過負荷をかけるおそれがある。]
  • 呼吸機能障害のある患者
    [呼吸抑制を増強するおそれがある。]
  • 肝・腎機能障害のある患者
    [代謝・排泄が遅延し副作用があらわれるおそれがある。]
  • 脳に器質的障害のある患者
    [呼吸抑制や頭蓋内圧の上昇を起こすおそれがある。]
  • ショック状態にある患者
    [循環不全や呼吸抑制を増強するおそれがある。]
  • 代謝性アシドーシスのある患者
    [呼吸抑制を起こすおそれがある。]
  • 甲状腺機能低下症(粘液水腫等)の患者
    [呼吸抑制や昏睡を起こすおそれがある。]
  • 甲状腺機能亢進症の患者
    [アトロピンの抗コリン作用により、頻脈、体温上昇等の交感神経興奮様症状が増強するおそれがある。]
  • 副腎皮質機能低下症(アジソン病等)の患者
    [呼吸抑制作用に対し、感受性が高くなっている。]
  • 薬物依存の既往歴のある患者
    [依存性を生じやすい。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 新生児、乳児(「小児等への投与」の項参照)
  • 衰弱者
    [呼吸抑制作用に対し、感受性が高くなっている。]
  • 痙攣の既往歴のある患者
    [痙攣を誘発するおそれがある。]
  • 前立腺肥大のある患者
    [排尿困難を悪化させるおそれがある。]
  • 胆嚢障害及び胆石のある患者
    [胆道痙攣を起こすことがある。]
  • 炎症性腸疾患のある患者
    [巨大結腸症を起こすおそれがある。]
  • 高温環境にある患者
    [アトロピンの抗コリン作用により発汗抑制が起こり、体温調節が困難になるおそれがある。]

重大な副作用

  • (いずれも頻度不明)
  • 連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、慎重に投与すること。また、連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、あくび、くしゃみ、流涙、発汗、悪心、嘔吐、下痢、腹痛、散瞳、頭痛、不眠、不安、せん妄、振戦、全身の筋肉・関節痛、呼吸促迫等の退薬症候があらわれることがあるので、投与を中止する場合には、1日用量を徐々に減量するなど、患者の状態を観察しながら行うこと。
  • 呼吸抑制があらわれることがあるので、息切れ、呼吸緩慢、不規則な呼吸、呼吸異常等があらわれた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。なお、本剤による呼吸抑制には、麻薬拮抗剤(ナロキソン、レバロルファン等)が拮抗する。
  • 錯乱、せん妄があらわれることがあるので、このような場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 無気肺、気管支痙攣、喉頭浮腫があらわれるとの報告がある。
  • 炎症性腸疾患の患者に投与した場合、麻痺性イレウス、中毒性巨大結腸があらわれるとの報告がある。


薬効薬理

  • 本剤の主成分オキシコドン塩酸塩水和物は、テバイン誘導体に属し、鎮痛・鎮静・鎮咳作用をあらわす。
    また、アトロピン硫酸塩水和物はテバイン誘導体にみられる痙攣作用に拮抗するなど、鎮痙作用をあらわす。


★リンクテーブル★
国試過去問106G026
リンク元WHO方式癌疼痛治療」「パビナール・アトロピン注」「パビナール」「パビナール・アトロピン」「強オピオイド鎮痛薬
拡張検索複方オキシコドン・アトロピン合剤」「複方オキシコドン・アトロピン
関連記事コドン

106G026」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106G025]←[国試_106]→[106G027

WHO方式癌疼痛治療」

  [★]

WHO method for relief of cancer pain
WHO式癌疼痛治療法 WHO Cancer Pain Relief ProgrammeWHO3段階除痛ラダー WHO three-stepanalgesic ladder、3段階ラダー


WHOの基本5原則

  • 1. WHOのラダーに沿って
  • 2. できるかぎり内服で、
  • 3. 少量で始めて疼痛が消える量へと漸増し、
  • 4. 定時投与とし、     ← 頓用ではない
  • 5. 必要に応じて鎮痛補助薬の併用も考慮



薬剤群 代表薬 代替薬
非オピオイド鎮痛薬 アスピリン コリン・マグネシウム・トリサルチレート)
アセトアミノフェン ジフルニサルa
イブプロフェン ナプロキセン
インドメタシン ジクロフェナク
  フルルビプロフェン※1
弱オピオイド
(軽度から中等度の強さの痛みに用いる)
コデイン デキストロプロポキシフェンa
ジヒドロコデイン
アヘン末
トラマドールb
強オピオイド
(中等度から高度の強さの痛みに用いる)
モルヒネ メサドンa
ヒドロモルフォンa
オキシコドン
レボルファノールa
ペチジンc
ブプレノルフィンa
フェンタニル※2

鎮痛補助薬 SAN.410

参考

  • 1. WHO方式癌疼痛治療ガイドライン
[display]http://www.geocities.jp/study_nasubi/l/l13.html

国試

  • 106C030:吐き気はオピオイド服用開始に出現しやすいので、開始時から制吐薬を開始する。副作用に対してはオピオイドの減量ではなく、制吐薬・緩下薬などを利用し、オピオイドの減量は避ける、だったっけ?

メモ



パビナール・アトロピン注」

  [★] オキシコドン塩酸塩水和物(オキシコドン)、ヒドロコタルニン塩酸塩水和物(ヒドロコタルニン(、アトロピン硫酸塩水和物(アトロピン)

アヘンアルカロイド系麻薬


パビナール」

  [★]

適応

  • 激しい疼痛時における鎮痛・鎮静
  • 激しい咳嗽発作における鎮咳
  • 麻酔前投薬


パビナール・アトロピン」

  [★] オキシコドン塩酸塩水和物(オキシコドン)、ヒドロコタルニン塩酸塩水和物(ヒドロコタルニン)、アトロピン硫酸塩水和物(アトロピン)


強オピオイド鎮痛薬」

  [★]

WHO方式癌疼痛治療オピオイドローテーション


複方オキシコドン・アトロピン合剤」

  [★]

combination of compound oxycodone and atropine
ヒコアト
パビナール・アトロピン


複方オキシコドン・アトロピン」

  [★]

compound oxycodone and atropine
ヒコアト
オキシコドンアトロピン


コドン」

  [★]

codon
コード単位 coding unit





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3