エーリキア症

出典: meddic

Ehrlichiosis
エールリッヒ症エールリッヒア症エールリヒア症


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/09 20:50:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 発掘されつつあるアナプラズマ症やエーリキア症とその媒介動物
  • 発掘されつつあるアナプラズマ症やエーリキア症とその媒介動物
  • 大橋 典男
  • 衛生動物 64(1), 9-10, 2013
  • Anaplasmosis and Ehrlichiosis are tick-borne and emerging infectious diseases caused by the obligatory intracellular bacteria Anaplasma phagocytophilum and Ehrlichia chaffeensis, respectively. These i …
  • NAID 130004559034
  • 静岡県内における新興感染症「エーリキア症」病原体の実態解析
  • 稲吉 恵,川森 文彦,足立 聡 [他]
  • 静岡県環境衛生科学研究所報告 (48), 1-6, 2005
  • NAID 40015272690

関連リンク

新興感染症 「エーリキア症」 静岡県立大学 環境科学研究所 環境微生物学研究室 大橋 典男 エーリキア症(Ehrlichiosis)とは、マダニにより媒介される新興感染症で、発熱、頭痛、貧血、白血球減少、血小板減少 ...
要 旨 エーリキア症は人と動物の両者にとって重要な新 興再興リケッチア性感染症である。原因菌はグラム 陰性細菌で、血液細胞の細胞質内に膜に包まれた空 胞(封入体)を作りその中で桑実胚(Morula)と呼 ばれる桑の実状に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元Ehrlichiosis」「エールリッヒ症」「エールリヒア症」「エールリッヒア症
拡張検索ヒト顆粒球エーリキア症」「ヒト顆粒球エーリキア症病原体」「ヒトエーリキア症
関連記事

Ehrlichiosis」

  [★]

エーリキア症エールリヒア症エールリッヒ症エールリッヒア症

エールリッヒ症」

  [★]

Ehrlichiosis
エーリキア症エールリッヒア症エールリヒア症


エールリヒア症」

  [★]

Ehrlichiosis
エーリキア症エールリッヒ症エールリッヒア症


エールリッヒア症」

  [★]

Ehrlichiosis
エーリキア症エールリッヒ症エールリヒア症

ヒト顆粒球エーリキア症」

  [★]

human granulocytic ehrlichiosisHGE
ヒト顆粒球性エールリッヒア症ヒト顆粒球エールリッヒア症ヒト顆粒球エールリヒア症


ヒト顆粒球エーリキア症病原体」

  [★]

HGE agent
アナプラズマ・ファゴサイトフィルムウマエーリキアエーリキア・ファゴサイトフィラ

ヒトエーリキア症」

  [★]

human ehrlichiosis
ヒトエールリッヒ症ヒトエールリヒア症


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡