エンドセリン受容体

出典: meddic

endothelin receptor
エンドセリンレセプター


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血管病変におけるエンドセリン受容体サブタイプの役割とその性差
  • 北田 研人,中野 大介,松村 靖夫,西山 成
  • 血管 33(3), 89-96, 2010-10-28
  • NAID 10027705112
  • 肺動脈性肺高血圧症に対するボセンタン治療 (特集 肺高血圧症の最新診療早わかり) -- (最新治療法のまとめ)
  • 溝口 ミノリ,田原 宣広,新田 良和 [他]
  • 最新医学 65(8), 1746-1755, 2010-08
  • NAID 40017239744
  • エンドセリン (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・4)その数値をどう読むか) -- (内分泌学的検査 その他)
  • 杉山 徹,平田 結喜緒
  • 日本臨床 68(-) (982), 623-625, 2010-07
  • NAID 40017200825

関連リンク

関連画像

におけるエンドセリン受容体 エンドセリンの作用と受容体エンドセリンを基軸とした血管 Download] エンドセリン受容体の多彩なロイコトリエン 拮抗 薬 は


★リンクテーブル★
リンク元endothelin receptor」「エンドセリンレセプター
関連記事受容体」「リン」「エンドセリン」「セリン」「受容

endothelin receptor」

  [★]


エンドセリンレセプター」

  [★]

endothelin receptor
エンドセリン受容体

受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






エンドセリン」

  [★]

endothelin ET
血管内皮細胞
SP.615
  • 21残基からなるペプチド。3つのアイソフォームからなる。
  • 生合成:ビッグエンドセリンが産生され、エンドセリン変換酵素により切り出されエンドセリンとなる。
  • 産生:血管内皮細胞で産生され、傍分泌を行う
  • 作用:アンジオテンシンIIの1/10量で長時間に渡って血管を収縮させる
  • 産生の誘因:血管が伸展されたり、低酸素になったりすると放出され、まわりの平滑筋細胞を収縮させる




セリン」

  [★]

serine, Ser, S
2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸 2-amino-3-hydroxypropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • ヒドロキシル基(hydroxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にヒドロキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH2-O-H2PO3



受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡