エンテロウイルス

出典: meddic

エンテロウイルス属

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/28 15:42:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 手足口病を含むエンテロウイルス感染症 (新・皮膚科セミナリウム 急性発疹症 : 最新の動向と対応)
  • 細矢 光亮
  • 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology 124(10), 1913-1917, 2014-09
  • NAID 40020201992
  • 臨床研究・症例報告 2012年夏に松本市で流行したコクサッキーウイルスA群9型感染症の疫学的・臨床的観察
  • 松岡 高史,松岡 明子,松岡 伊津夫 [他]
  • 小児科臨床 67(7), 1191-1197, 2014-07
  • NAID 40020094115
  • 臨床研究・症例報告 ウイルス分離成績からみたエンテロウイルス感染症の動向 : 1998~2011年奈良県御所市1小児科定点観測

関連リンク

エンテロウイルス(enterovirus;EV)はピコルナウイルス科のエンベロープのない一本鎖 RNAウイルスである。腸管内で増殖するウイルスの総称のため、腸管ウイルスともいう。 腸管ウイルスは、ポリオ・コクサッキー・エコーの各ウイルスを含むが、新たに発見され ...
エンテロウイルスは、ポリオウイルス、コクサッキーウイルスA群、コクサッキーウイルス B群、エコーウイルス、その他のエンテロウイルスで構成されるウイルスのグループに 属するウイルスの総称です。ここでは、主として、ポリオウイルス以外のエンテロウイルス ...

関連画像

エンテロウイルス(エンテロ  エンテロウイルス71型の増殖像エンテロウイルス型ウイルス、エンテロウイルス (2009年)-豚エンテロウイルス 無菌性髄膜炎の原因ウイルスの

添付文書

薬効分類名

  • アレルゲン検査薬

販売名

アレルゲンスクラッチエキス「トリイ」牛乳

効能または効果

診断 

  • アレルギー性疾患のアレルゲンの確認
  • 用法及び用量
    診断
    通常乱刺または切皮法により皮膚面に出血しない程度に傷をつけ、本品1滴を滴下し、15〜30分後に膨疹径が対照の2倍以上または5mm以上を陽性とする。

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、くしゃみ、蕁麻疹、血管浮腫、不快感、口内異常感、喘鳴、耳鳴等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
国試過去問095G008」「107I022」「104I026」「100B069
リンク元かぜ症候群」「結膜炎」「免疫応答」「急性出血性結膜炎」「手足口病
拡張検索エンテロウイルス属」「エンテロウイルス性結膜炎」「エンテロウイルス72型」「エンテロウイルス急性咽頭炎
関連記事ウイルス」「ロウ」「エンテロ

095G008」

  [★]

  • 47歳の男性。3日前から右眼の眼痛と流涙とが出現してきたので来院した。右眼のフルオレセイン生体染色による前眼部写真を以下に示す。
  • この疾患の原因として考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095G007]←[国試_095]→[095G009

107I022」

  [★]

  • a エンテロウイルスが原因である。
  • b 潜伏期は1~2日である。
  • c 膿性眼脂が特徴である。
  • d 角膜上皮下混濁を生じる。
  • e プロスタグランディン関連薬の点眼治療を行う。


[正答]


※国試ナビ4※ 107I021]←[国試_107]→[107I023

104I026」

  [★]

  • 発疹がみられる小児のウイルス感染症の病原体はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104I025]←[国試_104]→[104I027

100B069」

  [★]

  • 発疹がみられる小児のウイルス感染症はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B068]←[国試_100]→[100B070

かぜ症候群」

  [★]

cold syndrome, common cold syndrome
上気道症候群 upper airway syndrome急性上気道炎 acute upper respiratory tract infection


概念

  • 上気道粘膜の急性カタル性炎症(急性カタル性上気道炎)の総称
  • 急性鼻炎や咽頭炎を呈し、全身症状は軽微。
  • 予後良好、2-5日で軽快し予後は良好。

病因

  • ウイルス:ほとんど
  • 特殊な細菌&細菌
  • 環境要因:個体条件(アレルギー、免疫不全、脱水、疲労、飲酒など)、物理化学的刺激(乾燥、寒冷)

疫学

  • 多くの人が1年に1回以上罹患。冬期に多い。
  • 小児において罹患回数が多い → 成人になると記憶T細胞、記憶B細胞が増加するため、なんとなくウイルスに対して抵抗性が付与される、はず。

病理

  • ウイルスの場合、上気道粘膜に付着して、粘膜上皮を冒す。上気道線毛円柱上皮(呼吸上皮)に付着し、上皮細胞は変性・脱落・壊死する。上皮を失った部位から細菌が侵入しやすくなる。

病型

症状

  • 鼻かぜ:鼻汁、鼻閉などの鼻症状が主体
  • のどかぜ:咽頭痛、嗄声など咽頭症状が主体
  • 気管支かぜ:咳、痰などの気管支症状が主体

共通の症状

  • まず、鼻炎症状が緩徐に発現し、鼻咽頭不快感・乾燥感、くしゃみ、鼻閉、水様鼻汁を呈する。

病原体に特異的な症状

診断

  • 臨床的診断
  • 検査はほとんどの場合行わないが、インフルエンザ、溶連菌などを鑑別する場合には迅速診断キットを使う。 → つかえる迅速診断キットがあればのはなし

検査

  • 血液検査:ウイルス感染の場合、WBCやCRPは動かないが、細菌感染があれば上昇する。
  • ウイルス分離は一般臨床では行われない。 → 高コストだし、培養している内に治癒する。
  • 血清抗体価測定ではペア血清で 4 倍以上の上昇で陽性とする。 → 高コストだし、ペア血清を取った時点で治癒する。
  • 細菌感染を疑ったら、喀痰検査(培養は時間がかかるので検鏡でしょう?)、血液検査(血算)のちに、培養して薬物感受性検査を行う(けど時間がどのくらいかかるのやら)

治療

  • 一般療法(安静、保温・保湿、栄養補給、脱水予防、入浴制限)
  • 対症療法:解熱・鎮痛薬、非ステロイド性抗炎症薬、蛋白分解酵素製剤、含嗽薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン薬
  • 細菌感染が疑われるときのみ、抗生物質を使用する。予防的に使うのはいかがな最中

予後

  • 良好。数日-1週間で軽快

予防

  • RSウイルス:適応が限られるが、ワクチンを使うことができる。


結膜炎」

  [★]

conjunctivitis
結膜
see. マイナーエマージェンシー第1版 p.65 SOP.174

概念

  • 結膜に起こる炎症疾患の総称。

病原体と特徴

  • ウイルス性結膜炎
  • 病原体:アデノウイルス、エンテロウイルス、単純ヘルペスウイルス、インフルエンザウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルス、風疹ウイルス、麻疹ウイルス、EBウイルス。
  • 治療法:対症療法。単純ヘルペスに対してはアシクロビル眼軟膏。
  • 症状:透明な滲出液、耳介前リンパ節腫脹、結膜濾胞
  • 細菌性結膜炎
  • 症状:黄白色の眼脂、軽度疼痛

結膜炎をきたす疾患

SOP.175
  疾患名 病原体 潜伏期 病型 症状、経過
感染性結膜炎 流行性角結膜炎 epidemic keratoconjunctivitis はやりめ アデノウイルス8,19,37型(ときに4型) 7-14日 急性濾胞性結膜炎 眼脂、流涙、羞明。眼瞼腫瘤、結膜充血、浮腫、結膜の小出血斑。耳前リンパ節の腫脹と圧痛。2-4週間で消退。発症後10日後に角膜に点状上皮化混濁。
咽頭結膜熱 pharyngoconjunctival fever プール熱 アデノウイルス3型(ときに4,7型) 5-6日 急性結膜炎 急性結膜炎、咽頭炎、発熱。点状上皮化混濁は少ない。
急性出血性結膜炎 acute hemorrhagic conjunctivitis   エンテロウイルス70型 1日 球結膜下出血。眼球は浮腫状、結膜充血、濾胞形成は軽度。耳前リンパ節腫脹軽度。発症より3-4日にびまん性の多発性びらん。眼痛、異物感、羞明。約1週間で治癒。罹患後2,3週間後に四肢の弛緩性の運動麻痺や脳神経麻痺があり得る。  
トラコーマ trachoma          
封入体結膜炎 inclusion conjunctivitis          
新生児封入体結膜炎 neonatal inclusion conjunctivitis          
細菌性結膜炎 bacterial conjunctivitis          
淋菌性結膜炎 gonococcal conjunctivitis          
新生児膿漏眼 blennorrhea of the newborn          
アレルギー性結膜疾患 アレルギー性結膜炎 allergic conjunctivitis          
春季カタル vernal conjunctivitis          
その他の結膜炎 フリクテン性結膜炎 phlyctenular conjunctivitis 束状結膜炎        
慢性濾胞性結膜炎 chronic follicular conjunctivitis          
Stevens-Johnson症候群 Stevens-Johnson syndrome          
眼類天疱瘡 ocular pemphigoid          
結膜弛緩症 conjunctivochalasis          



免疫応答」

  [★]

immune response
免疫反応


免疫応答とリンパ球

病原体 B細胞系 T細胞系
細菌 溶連菌 結核菌
ブドウ球菌 ライ菌
ナイセリア 梅毒トレポネーマ
ヘモフィルス スピロヘータ
ウイルス エンテロウイルス ヘルペスウイルス
ポリオウイルス 麻疹ウイルス
  ワクチニアウイルス
サイトメガロウイルス
真菌   カンジダ
クリプトコッカス
ヒストプラズマ
原虫寄生虫 トリパノソーマ リーシュマニア
マラリア ニューモシスチス・カリニ

免疫応答と病原体

細胞性免疫   結核菌
    ヒストプラズマ
    クリプトコッカス
    リステリア
    カンジダ
    ネズミチフス菌
     
    ブドウ球菌
     
    緑膿菌、大腸菌
    ヘモフィルス
    肺炎球菌
  体液性免疫 クレブシエラ


急性出血性結膜炎」

  [★]

acute hemorrhagic conjunctivitis AHC
アポロ11病 Apollo 11 disease、アポロ病 Aporo disease
エンテロウイルス


法令

病原体

  • エンテロウイルス70

潜伏期

  • 1-2日

症状

  • 結膜下出血を伴う急性濾胞性結膜炎


流行性角結膜炎咽頭結膜熱急性出血性結膜炎の比較

  俗称 病原体 好発年齢 季節性 潜伏期 症状 感染症法 学校保健安全法 出席停止
流行性角結膜炎 EKC はやり目 アデノウイルス8型 なし 春~夏 1-2週間 漿液性の目脂、流涙、羞明。乳幼児では発熱、感冒様症状、下痢、眼瞼結膜に偽膜形成。
眼瞼:腫脹。結膜:充血、浮腫、結膜の小出血斑。角膜:(発症約10日後)点状上皮下混濁。リンパ節:耳前リンパ節腫脹
五類感染症(眼科定点) 第三類 医師が感染のおそれがないと認めるまで
咽頭結膜熱 PCF プール熱 アデノウイルス3,4,7型 小児 夏(基本的に通年) 1週間 発熱、咽頭炎、結膜炎 五類感染症(小児科定点) 第二種 出席停止は主要症状が消退した後二日を経過するまで
急性出血性結膜炎 AHC   コクサッキーウイルスA群24型、エンテロウイルス70型 成人 なし 1-2日 結膜下出血を伴う急性濾胞性結膜炎 五類感染症(眼科定点) 第三類 医師が感染のおそれがないと認めるまで



手足口病」

  [★]

hand-foot-and-mouth disease, hand foot and mouth disease, HFMD
ウイルス性発疹症


疫学

  • 流行時期:夏
  • 1歳児に最も多い
  • 5歳以下の例が90%

病原体

感染経路

  • 飛沫感染
  • 接触感染?

潜伏期

  • 3-5日

症状

  • 口腔粘膜、手足に有痛性の水疱、発疹

発熱

  • 微熱程度

皮疹

  • 表皮:手掌、足蹠、関節、殿部
  • 口腔内:頬粘膜、舌、口蓋

合併症

経過

  • 発症後2,3日で軽快

治療

小児の薬の使い方
  • 対症療法
  • 口腔内の痛みにより飲水量が少なくなっている場合には補液もよし。
  • 口腔内の痛みに対しピオクタニン、皮疹に対する軟膏処置は必要なし。
  • どうしても口腔内の痛みが強い場合にはトラネキサム酸25mg/kg/日 分3 3日分

鑑別疾患

  • ヘルパンギーナ:口腔内の小水疱。高熱が2-3日持続。2-3日後には発疹がなければヘルパンギーナと考えてよい。

予防

  • 手洗い、うがい

学校保健

  • 発症より2,3日で症状消失するが、感染性は数週間持続するとのこと



エンテロウイルス属」

  [★]

enterovirus, Enterovirus
  • ここではエンテロウイルス属に属するウイルスの総称をエンテロウイルスと呼ぶことにする

ウイルス学

顕性

  • 不顕性感染となるのは99%らしい (SMB.43)

疫学

  • 夏~初秋
  • 小児多いが大人も発症

エンテロウイルス属のウイルス

古い分類

新しく見つかったエンテロウイルスの分類

  • エンテロウイルスxx型 (xx:通し番号)

感染症

  • 血清型非特異的なその他のエンテロウイルスによる感染症(血清型が非常に多い)
  • 特定の血清型による感染症



エンテロウイルス性結膜炎」

  [★]

enteroviral conjunctivitis
エンテロウイルス結膜炎


エンテロウイルス72型」

  [★]

enterovirus 72
A型肝炎ウイルス


エンテロウイルス急性咽頭炎」

  [★]

enteroviral pharyngitis


ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。





ロウ」

  [★]

solder
はんだ鑞着

エンテロ」

  [★]

entero




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡