エンケファリナーゼ

出典: meddic

enkephalinase
エンケファリン分解酵素ネプリライシン中性エンドペプチダーゼ

和文文献

  • D-5 ラットにおけるエンケファリナーゼ阻害薬脳室内投与による摂食行動誘発効果(一般口演,第24回杏林医学会総会)
  • 野口 泰,鎌田 邦栄,中村 幹雄
  • 杏林医学会雑誌 27(1), 134, 1996-03-31
  • NAID 110007375034
  • エンケファリンと内在性エンケファリナ-ゼ阻害物質
  • 喘息動物モデルにおけるエンケファリナーゼ活性の検討
  • 大瀬 寛高,野村 明広,遠藤 健夫,野口 佳子,早乙女 幹朗,二宮 浩樹,濱田 雅史,渡辺 東,杜 盾,橋本 健一,内田 義之,長谷川 鎮雄
  • アレルギー 42(1), 48-56, 1993-01-30
  • エンケファリナーゼは, 気道系において, 上皮細胞, 平滑筋, 腺組織, 神経線維等に存在し, タキキニン類などの気道収縮物質を水解していることが知られている。今回我々は, 二相性反応を呈する喘息モデルをモルモットにおいて作成し, 誘発前, IAR時, LAR時の3群に分け各々の気管, 肺のホモジネート, およびBALF中のエンケファリナーゼ活性を測定した。その結果, IAR時, LAR時のエンケ …
  • NAID 110002421176

関連リンク

(コンドロイチナーゼ /キモパパイン); 生体でおこる化学反応に対して触媒として機能する 分子; 多くの酵素は生体内で作り出されるタンパク質をもとにして構成されている。 そのため、生体内での生成や分布の特性、あるいは熱やpHにより変性し、活性を失う といった ...
メチオニンエンケファリンは特に肺に多く含まれるエンケファリナーゼによって速やかに 分解されるため、血管内注射ではほとんど効果がなく、D型の人工合成ペプチドの DADLE (D-Ala-Gly-Gly-Phe-D-Leu)が用いられている。 メチオニンエンケファリンは、 哺乳類 ...

関連画像

More reference expression dataニュートリゲノミクス方法 技術 フェニル酪酸誘導体又は PBB GE MME 203434 s at tn.png


★リンクテーブル★
リンク元enkephalinase」「ネプリライシン」「中性エンドペプチダーゼ」「エンケファリン分解酵素

enkephalinase」

  [★]

エンケファリナーゼエンケファリン分解酵素

neprilysinneutral endopeptidase

ネプリライシン」

  [★]

neprilysin
エンケファリナーゼ中性エンドペプチダーゼ


中性エンドペプチダーゼ」

  [★]

neutral endopeptidase
エンケファリナーゼネプリライシン


エンケファリン分解酵素」

  [★]

enkephalinase
エンケファリナーゼ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡