エリスロウイルス属

出典: meddic

Erythrovirus
ウイルス
  • エリスロウイルス属

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

エリスロウイルス属 エリスロウイルスB19,ヒトパルボウイルスB19 伝染性紅斑 モノネガウイルス目パラミクソウイルス科 一本鎖RNA + パラミクソウイルス亜科 ルブラウイルス属 ムンプスウイルス 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 無菌 ...
単鎖DNAウイルスの、パルボウイルス科パルボウイルス亜科エリスロウイルス属に属するヒト パルボウイルスB19である。正式名称としてエリスロウイルスB19が提唱されているが、ヒトパル ボウイルスB19(または、単にパルボウイルス ...

関連画像

図1:血液中のパルボウイルス 写真1.両側の頬に出現した蝶

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
リンク元パルボウイルスB19」「伝染性紅斑」「パルボウイルス科」「パルボウイルス亜科」「パルボウイルス
関連記事ウイルス」「リス」「エリスロウイルス」「ロウ」「

パルボウイルスB19」

  [★]

parvo
parvovirus B19
human parbovirus B19, B19 virusヒトパルボウイルスB19B19型ヒトパルボウイルス
ヒトに感染するパルボウイルスを特にヒトパルボウイルスと呼ぶが、本wikiではヒト以外のウイルスについては対象外。
ウイルス
  • first aid step1 2006 p.151,152,154,299

ウイルス学

  • -鎖を持つタイプと+鎖を持つタイプが存在
  • エンベロープ無し
  • DNAウイルス最小
  • 赤血球系前駆細胞で増殖。

潜伏期間

  • 16-18日

感染経路

  • 飛沫経気道感染(接触感染・飛沫感染)

疫学

  • 成人の40%が既感染
  • 4-5年ごとに流行
  • 春に多い

感染症

症状

成人の伝染性紅斑では関節痛を伴う2-4週間継続する関節炎を呈する。
免疫複合体の形成が原因
  • 貧血患者への感染
  • 急性肝炎
  • 妊婦・胎児への感染
妊婦の感染→胎児の感染→肝臓での造血能低下→重症の貧血→胎児水腫(非免疫性胎児水腫)、流産、死産
経胎盤感染による感染率33%。胎児死亡の危険率は9%
  • 免疫不全者への感染

合併症

経過

  • 感冒様症状 → 骨髄の赤血球系前駆細胞が消失
骨髄機能は10-14日で回復 → 症状は出ない。
  • 予後はほとんどの場合良好

治療

  • 対症療法

検査

  • PCR法、ELISA法、ペア血清

予防

  • ワクチン無し

参考

  • wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Parvovirus_B19



HPV-B19



伝染性紅斑」

  [★]

slapped cheek disease, slap cheek, infectious blushing
erythema infectiosum
リンゴ病第五病 fifth disease
B19ウイルス

特徴

  • 発疹。骨髄赤芽球前駆体への親和性
  • 発症前にウイルスが排出されるため感染予防が難しい。
  • 2-7歳の幼児に多く。発熱。
  • 成人では症状は出にくい:赤い紅斑はない。関節痛や関節炎が起きやすい。

疫学

病原体

潜伏期間

感染経路

  • 飛沫感染

症状

  • 小児に多い
  • 顔面に紅斑が出現し、四肢に網状紅斑が広がる
レース状紅斑

合併症

経過

  • 7-10日:発熱、カゼ様症状。鼻汁、血液、咽頭よりウイルス検出
  • 9日:リンパ球減少
  • 10-15日:網状赤血球現象。ヘモグロビン減少。IgM・IgG↑。カゼ様症状消失
  • 18日頃:発疹。関節炎

検査

  • IgM抗体

予防

  • ワクチンなし
  • 妊婦は、流行期には小児の多い場所へは近づかない。

母子感染

参考2
  • 経胎盤感染
  • 妊娠初期(妊娠20週未満):約30%が経胎盤感染し、その1/3が胎児水腫に移行する。すなわち伝染紅斑に罹患した母の10%で胎児水腫(非免疫性胎児水腫)が見られる。
  • 妊娠20週以降:母子感染はないとされる。
  • 病態生理:貧血に対する心臓の代償的な心拍出量増加がおこるが、ついには代償機構が破綻し心不全(左心不全→右心不全)に至る。
  • 胎児に対する検査:(超音波検査)MCA上昇、腹水・胸水・心嚢水の貯留

参考

  • 1. 国立感染症研究所
[display]http://idsc.nih.go.jp/iasr/19/217/tpc217-j.html
  • 2. D.産科疾患の診断・治療・管理 8.合併症妊娠の管理と治療 - 日産婦誌61巻12号
http://www.jsog.or.jp/PDF/61/6112-625.pdf




パルボウイルス科」

  [★]

Parvoviridae
ウイルス



パルボウイルス亜科」

  [★]

Parvovirina
ウイルス

パルボウイルス」

  [★]

  • エリスロウイルス属


ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




リス」

  [★]

squirrel
シマリスリス科ジリス属プレーリードッグ


エリスロウイルス」

  [★]

erythrovirus
サルパルボウイルス

ロウ」

  [★]

solder
はんだ鑞着

属」

  [★]

genus, (np)genera





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡