エモルファゾン

出典: meddic

emorfazone
セラピエースペントイル


関連リンク

エモルファゾンの効能・作用……効能は『鎮痛解熱・抗炎症作用』です。エモルファゾン は鎮痛・抗炎症作用を持つ『非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti- Inflammatory Drugs)』で、炎症に伴う腫れ・痛み・発熱を改善してくれます。発熱・炎症・ ...
ペントイルとは?エモルファゾンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる (おくすり110番:病気別版)

関連画像

サンド ペントイル 包装写真アスピリン喘息の発作誘発物質を有する化合物およびその塩を サンド ペントイル 包装写真アセトアミノフェン散剤大原 セラピエース 包装写真

添付文書

薬効分類名

  • 非酸性消炎・鎮痛剤

販売名

セラピエース錠100

組成

成分・含量

  • 1錠中日局エモルファゾン100mgを含有

添加物

  • 乳糖水和物、バレイショデンプン、結晶セルロース、カルメロースナトリウム、タルク、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴール1500、カルナウバロウ

禁忌

  • 消化性潰瘍のある患者〔消化性潰瘍を悪化させるおそれがある。〕
  • 重篤な血液の異常のある患者〔血液異常を悪化させるおそれがある。〕
  • 重篤な肝障害のある患者〔肝障害を悪化させるおそれがある。〕
  • 重篤な腎障害のある患者〔腎障害を悪化させるおそれがある。〕
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • 本剤の成分に対し過敏症の患者

効能または効果

・下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛

  • 腰痛症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、変形性関節症、会陰裂傷

・手術後並びに外傷後の消炎・鎮痛

セラピエース錠100

  • 通常成人には1回2錠、1日3回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

セラピエース錠200

  • 通常成人には1回1錠、1日3回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 消化性潰瘍の既往歴のある患者〔消化性潰瘍が再発するおそれがある。〕
  • 過敏症の既往歴のある患者
  • 高齢者(「高齢者ヘの投与」の項参照)

薬効薬理

作用機序

  • 本剤は、その血管壁安定化作用により、白血球遊走や起炎物質キニンの血管外遊離を抑制(消炎作用)し、内因性発痛物質(ブラジキニン)に拮抗し鎮痛作用を発揮することが認められている。なお、本剤にはプロスタグランジンE2生合成阻害作用は認められない3)

消炎鎮痛作用

  • 本剤は、酸性消炎・鎮痛剤のアスピリン、フェニルブタゾン、フルフェナム酸などより鎮痛作用は強く、塩基性消炎・鎮痛剤のメピリゾール、塩酸チアラミドなどと同等、又はそれ以上の抗炎症作用をもつと報告されている3)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • エモルファゾン(Emorfazone)

化学名

  • 4-Ethoxy-2-methyl-5-(morpholin-4-yl)pyridazin-3(2H)-one

分子式

  • C11H17N3O3

分子量

  • 239.27

性状

  • 本品は無色の結晶又は白色〜淡黄色の結晶性の粉末で、無臭またはわずかに特異なにおいがあり、味はわずかに苦い。
    本品はエタノール(99.5)に極めて溶けやすく、水又は無水酢酸に溶けやすい。
    本品は1mol/L塩酸試液に溶ける。
    本品は光によって徐々に黄色となり、分解する。

融点

  • 89〜92℃(乾燥後)



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡