エボラウイルス

出典: meddic

Ebolavirus Ebola virus
エボラ出血熱



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/03 05:45:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 私の研究 レストン・エボラウイルスを追って--フィリピンでのコウモリ捕獲
  • レストンエボラウイルス感染症

関連リンク

そして、この最初の男性の出身地付近である、当時のザイールのエボラ川からこの ウイルスの名前はエボラウイルスと名づけられ、病気もエボラ出血熱と名づけられた。 その後エボラ出血熱はアフリカ大陸で10回、突発的に発生・流行し、感染したときの 致死率 ...
エボラ出血熱, =エボラウイルスによる熱性伝染病。血液や体液を介して人から人へと 移る。最初は風邪に似た症だが、やがて高熱を発し消化管などから出血する。 ◎感染 経路:経皮感染or飛沫感染。 ◎潜伏期間:4~16日 ◎症状:マールブルグに類似。

関連画像

音史のブログ-エボラウイルスBSL4施設にてKl16847エボラウイルス=CDC提供エボラウイルスで豚とヒトがエボラウイルス


★リンクテーブル★
リンク元エボラ出血熱」「エボラ様ウイルス属」「Ebolaウイルス」「ebolavirus
拡張検索エボラウイルス感染」「エボラウイルス感染症」「エボラウイルス疾患
関連記事ウイルス」「ボラ

エボラ出血熱」

  [★]

Ebola hemorrhagic fever EHF
エボラウイルス


エボラ様ウイルス属」

  [★]

Ebola-like viruses
エボラウイルス


Ebolaウイルス」

  [★]

Ebola virus
エボラウイルス

ebolavirus」

  [★]

  • エボラウイルス
Ebola virus


エボラウイルス感染」

  [★]

Ebola virus infection
エボラウイルス感染症Ebolaウイルス感染症Ebolaウイルス感染


エボラウイルス感染症」

  [★]

Ebola virus infection
エボラウイルス感染Ebolaウイルス感染症Ebolaウイルス感染

エボラウイルス疾患」

  [★]

Ebola virus disease
エボラ出血熱Ebolaウイルス疾患


ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




ボラ」

  [★]

mullet
トゲウオスメグマモルフ類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡