エネルギー商

出典: meddic

energy quotient
栄養所要量

和文文献

関連リンク

エネルギー代謝の評価法は直接熱量測定法と間接熱量測定法に大別されます。直接法は、消費されたエネルギーが熱となって放散されるため、その熱量を直接的に測定することによりエネルギー消費量を知ることができます。
ダグラスバック法によるエネルギー測定 呼吸商(RQ)= 非たんぱく質呼吸商(NPRQ)= 排出CO2量=呼気ガス中CO2量−大気中CO2量 消費O2量=大気中O2量−呼気ガス中O2量 尿中窒素1g(蛋白質6.25g消費)=O2消費量5 ...

関連画像

県民集会」で県商連川原会長 伏木燃商株式会社はエネルギー 伏木燃商株式会社はエネルギー エネルギー使用合理化事業者  エネルギー秩序」の開始を意味の共有部・専有部のエネルギー


★リンクテーブル★
先読み栄養所要量
拡張検索ホイブネルのエネルギー商
関連記事エネルギー

栄養所要量」

  [★]

nutritional allowance, daily dietary allowance, recommended dietary allowance


ホイブネルのエネルギー商」

  [★]

Heubner's energy quotient
エネルギー商


エネルギー」

  [★]

energy
エネルギー代謝


  • 食事のカロリー熱量の意味で使われることがある。ちなみに肝硬変の代償期の食事は30-35cal/kgが推奨される。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡