エネルギーサブトラクション

出典: meddic

energy subtraction


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胸部単純X線検査におけるCADを適用した画像診断ワークフロー : 経時差分処理・1Shot エネルギーサブトラクション処理
  • 黒崎 敦子,堀口 真太郎
  • 総合健診 = Health evaluation and promotion 36(1), 112, 2009-01-23
  • NAID 10024921209
  • デュアルエネルギーサブトラクションのための機械学習に基づく画像再構成
  • 北村 嘉郎,山田 雅彦,伊藤 渡
  • 富士フイルム研究報告 (54), 72-81, 2009
  • NAID 40016660225

関連リンク

「イメージどおりのイメージへ。」富士フイルムの画像処理技術「Image Intelligence 」についてご紹介します。 ... エネルギーサブトラクション 軟部画像と骨部画像を一度の撮影で自動作成します。 一回の撮影で骨成分を消去した軟部 ...
1 ¾画像間演算 ・時間差分 ・エネルギー差分 ・加算処理 ・積算処理、割算処理 画像診断で使われる画像処理技術(2) ¾サブトラクション処理 ¾その他 差分処理 過去画像 現在画像 経時差分画像 経時差分処理(サブトラクション)

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事エネルギー

エネルギー」

  [★]

energy
エネルギー代謝


  • 食事のカロリー熱量の意味で使われることがある。ちなみに肝硬変の代償期の食事は30-35cal/kgが推奨される。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡