エテンザミド

出典: meddic

ethenzamide
ethenzamidum
エトキシベンズアミド ethoxybenzamide
非ステロイド性抗炎症薬


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/01 09:47:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • NMRの基礎教育(6)薬剤師国家試験に出題されたエテンザミドの1HNMRスペクトル
  • 佐久間 千勢子,田部井 克己
  • 東京薬科大学研究紀要 (10), 65-72, 2007
  • NAID 40015589976
  • 混合粉砕によるチオ尿素-エテンザミド複合体形成
  • 土屋 雅海,戸塚 裕一,森部 久仁一,小口 敏夫,山本 恵司
  • 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan 63, 138, 2003-03-05
  • NAID 10018621484
  • エテンザミドによる多発型固定薬疹の1例

関連リンク

エテンザミドとは?エテンザミドの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 腫れや痛みをやわらげ、熱を下げるお薬です。 作用 炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの症状をお ...
エテンザミドの効果・副作用について解説します。 ... エテンザミドについての基本情報 エテンザミドの効能・作用……効能は『解熱鎮痛』です。エテンザミドは脳の脳幹にある体温調節中枢に作用することで、発熱に対して ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 解熱鎮痛剤

販売名

エテンザミド「ヨシダ」

組成

  • 本剤を乾燥したものは定量するとき、エテンザミド(C

9 H 11 NO 2 )98.0%以上を含む。

禁忌

  • 消化性潰瘍のある患者〔消化性潰瘍を悪化させるおそれがある。〕*重篤な血液の異常のある患者〔血液の異常を悪化させるおそれがある。〕*重篤な肝障害のある患者〔肝障害を悪化させるおそれがある。〕*重篤な腎障害のある患者〔腎障害を悪化させるおそれがある。〕*重篤な心機能不全のある患者〔心機能を悪化させるおそれがある。〕*本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者*アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者〔喘息発作を誘発するおそれがある。〕

効能または効果

  • 解熱鎮痛剤の調剤に用いる。
  • 解熱鎮痛剤の調剤に用いる。

慎重投与

  • 消化性潰瘍の既往歴のある患者〔消化性潰瘍を再発させるおそれがある。〕*血液の異常又はその既往歴のある患者〔血液の異常を悪化又は再発させるおそれがある。〕*出血傾向のある患者〔血小板機能異常が起こることがある。〕*肝障害又はその既往歴のある患者〔肝障害を悪化又は再発させるおそれがある。〕*腎障害又はその既往歴のある患者〔腎障害を悪化又は再発させるおそれがある。〕*心機能異常のある患者〔心機能を悪化させるおそれがある。〕*過敏症の既往歴のある患者*気管支喘息のある患者〔アスピリン喘息を誘発するおそれがある。〕*高齢者〔「高齢者への投与」の項参照〕

薬効薬理

  • 本剤はサリチルアミドの一誘導体で、その鎮痛効果はサリチルアミドの2〜3倍であり、解熱効力も強力で、かつ持続性である。効ヒアルロニダーゼ、抗滲出性作用についてもサリチルアミドより優れている。*胃障害そのほかの副作用についてはアセチルサリチル酸、サリチルアミドに比べて少ない。

有効成分に関する理化学的知見


★リンクテーブル★
リンク元解熱鎮痛消炎剤」「ethoxybenzamide

解熱鎮痛消炎剤」

  [★]

解熱薬鎮痛薬抗炎症薬

商品


ethoxybenzamide」

  [★] エテンザミドエトキシベンズアミド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡