エスキロール

出典: meddic


和文文献

  • 精神神経学雑誌百年--第七巻 呉秀三 ジュアン・ネティアンヌ・ドミニック・エスキロル氏傳(その2)(明治42年)
  • 精神神経学雑誌百年 第七巻 呉秀三先生 ジュアン・ネティアンヌ・ドミニック・エスキロル氏傳(明治42年)
  • フランス19世紀初頭におけるエスキロール,J.E.D.とその「白痴」論について

関連リンク

エスキロール Jean Etienne Dominique Esquirol 1772~1840 川村光毅の ホームページへ. “精神医学事典”、加藤正明、保崎秀夫ほか編集、1975,弘文堂 より( その後1993に新版)引用. 19世紀フランスの精神医学者。ピネル P. Pinelの弟子として 師の ...
Amazon.co.jp: 記述的精神病理学の黎明―エスキロールとその時代 (精神医学の知と 技): 濱中 淑彦: 本.

関連画像

1522夜『それは「うつ」では  の 第 2 の 師匠 エスキロールウィリアム・ホガースが描いた 南仏トゥールーズの香り高い の黎明―エスキロール 1522夜『それは「うつ」では


★リンクテーブル★
関連記事エス

エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3