エスキロール

出典: meddic


和文文献

  • 精神神経学雑誌百年--第七巻 呉秀三 ジュアン・ネティアンヌ・ドミニック・エスキロル氏傳(その2)(明治42年)
  • 精神神経学雑誌百年 第七巻 呉秀三先生 ジュアン・ネティアンヌ・ドミニック・エスキロル氏傳(明治42年)
  • フランス19世紀初頭におけるエスキロール,J.E.D.とその「白痴」論について

関連リンク

エスキロール Jean Etienne Dominique Esquirol 1772~1840 川村光毅の ホームページへ. “精神医学事典”、加藤正明、保崎秀夫ほか編集、1975,弘文堂 より( その後1993に新版)引用. 19世紀フランスの精神医学者。ピネル P. Pinelの弟子として 師の ...
Amazon.co.jp: 記述的精神病理学の黎明―エスキロールとその時代 (精神医学の知と 技): 濱中 淑彦: 本.

関連画像

1522夜『それは「うつ」では  の 第 2 の 師匠 エスキロールウィリアム・ホガースが描いた 南仏トゥールーズの香り高い の黎明―エスキロール 1522夜『それは「うつ」では


★リンクテーブル★
関連記事エス

エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡