ウロポルフィリン

出典: meddic

uroporphyrin


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 女性に発症した晩発性皮膚ポルフィリン症の1例 (特集 代謝異常症)
  • 安藤 高志,田中 るい,秋田 洋一 [他]
  • 皮膚科の臨床 55(13), 1887-1889, 2013-12
  • NAID 40019921791
  • 症例報告 C型肝炎を伴った晩発性皮層ポルフィリン症
  • 玉川 理沙,益田 浩司,若林 俊治 [他]
  • 臨床皮膚科 59(8), 760-762, 2005-07
  • NAID 40006849127
  • C型慢性肝炎を伴った晩発性皮膚ポルフィリン症
  • 飛澤 慎一,高橋 英俊,山本 明美,橋本 喜夫,松尾 忍,飯塚 一
  • 皮膚科の臨床 43(5), 647-650, 2001-05
  • … 62歳男.長期間アルコール摂取歴があり,C型慢性肝炎を伴った晩発性皮膚ポルフィリン症で,両側手背・前腕に紅斑,水疱,糜爛,色素沈着を,顔面に色素沈着,多毛を認めた.皮膚生検で表皮下水疱を認め,尿中ウロポルフィリン,尿中コプロポルフィリン,血中フェリチンは高値を示した.HCV陽性.肝生検では慢性活動性肝炎の像を呈した.遮光,瀉血を施行し,シメチジン内服,インターフェロン筋注も加え,皮疹,肝機能の改善と尿中ポ …
  • NAID 120001849999

関連リンク

ヘム合成の異常は、各型のポルフィリア・鉛中毒・諸種貧血などにみられ、赤血球・血漿 ・尿・糞便などにポルフィリンの中間代謝物が異常に増加し、尿中δ-ALA、尿中の ポルフィリンを瞬時に測定することは、これら疾患の診断あるいは病態解明に意義をもつ 。

関連画像

モル吸光係数 - JapaneseClass.jpδ-アミノレブリン酸 から ヒドロキシメチルビラン Description Protoporphyrin IX 2.svgPorphyrine – Wikipedia ウロポルフィリンI [TP


★リンクテーブル★
先読みuroporphyrin
関連記事リン

uroporphyrin」

  [★]

ウロ・ルフィリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1