ウロペプシン

出典: meddic

uropepsin
尿ペプシノゲン uropepsinogen

和文文献

  • 第24回日本総合健診医学会学術大会講演抄録集 尿中ペプシノゲン (ウロペプシン) による消化器疾患の診断
  • 茂手木 皓喜
  • 日本総合健診医学会誌 23(2), 181-181, 1996
  • NAID 130004164467
  • 口腔外科手術におけるウロペプシン排泄に関する臨床的研究
  • 金澤 正英
  • 日本口腔外科学会雑誌 26(5), 1167-1182, 1980
  • NAID 130001344581
  • ウロペプシン測定法(West法)に関する知見補遺

関連リンク

本発明は、尿中ペプシノーゲン(ウロペプシン)が活性化される酸性条件下では変性しないが活性化されたウロペプシンにより加水分解されて失活する性質と、活性化されたウロペプシンが不活化されるpH条件下で活性測定を行うこと ...
「精神的ストレスによる尿中バイオピリンおよび尿中ウロペプシンの変動」 「頭を5cmずらせば腰痛・肩こりはすっきり治る! 一日3分の姿勢矯正エクササイズ 」角川SSC新書より出版 東海教育研究所 望星 2013/6月号 インタビュー UR都市 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事ペプシン

ペプシン」

  [★]

pepsin
pepsinum

分泌細胞

  • 胃の主細胞からペプシノーゲンが分泌される
  • ペプシノーゲンから「H+」または「ペプシン」の触媒によりペプシンに転換される

性質

  • 至適pH1.0-3.0
  • pH4-4.5以上になると不活化 (SPC.299)

機能

  • プロテアーゼの一種
  • タンパク質の分解

分泌調節

  • ↑:迷走神経刺激、pHの上昇






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡