ウレアーゼ・インドフェノール法

出典: meddic


和文文献

  • ガスパーミエイション/ガスクロマトグラフィーによる尿中アンモニアおよび尿素の迅速逐次定量

関連リンク

(ウレアーゼ・インドフェノール法) 〔全般的な注意〕 (1)本製品は体外診断用であり、それ以外の目的に使用しないで下さい。(2)この添付文書に記載された使用方法に従って使用して下さい。記載された使用 方法および使用目的 ...
原理血清にウレアーゼを作用させ、尿素の分解により生じたアンモニアをニトロプロシドナトリウムを触媒として、フェノール、次亜塩素酸と反応させ、生じた青色色素インド…
原理 血清にウレアーゼを作用させ、尿素の分解により生じたアンモニアをニトロプロシドナトリウムを触媒として、フェノール、次亜塩素酸と反応させ、生じた青色色素インドフェノール(Berthelot反応)を非色定量する。

関連画像

操作上の注意


★リンクテーブル★
関連記事フェノール」「ウレアーゼ」「」「インド

フェノール」

  [★]

phenol
phenolum
石炭酸 carbolic acidヒドロキシベンゼン hydroxybenzene
ウインタミンエキザルベ カチリキャンフェニックセルセプトパオスクレーフェノール・カンフル歯科用消毒液フェノール・亜鉛華リニメント フェノール水ポステリザンポステリザンFメトコールラニチジンルゴールレトンレプチラーゼ一般診断用精製ツベルクリン液状フェノール 乾燥弱毒生おたふくかぜワクチン乾燥弱毒生風しんワクチン乾燥弱毒生麻しんワクチン乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン強力ポステリザン歯科用フェノール・カンフル 治療用アレルゲンエキス診断用アレルゲン皮内エキス組織培養不活化狂犬病ワクチン 複方ヨード・グリセリン 複方ヨード・グリセリンFM 複方ヨードグリセリン
消毒薬


  • 消毒薬としては、最近に有効であるが、芽胞、ウイルスには無効。
  • 大腸菌とかのプラスミド抽出するときに、蛋白成分を変性凝固させて遠沈させるために用いる。



ウレアーゼ」

  [★]

urease
尿素分解酵素
urease-positive bug(Proteus vulgaris, Staphyloccus, Klebsiella)
  • Pylori––think pylorus of stomach. Proteus and H. pylori are both urease positive (cleave urea to ammonia).



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


インド」

  [★]

IndiaIndian
インディアンインド人




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡