ウルシかぶれ

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 皮膚科領域 (特集 当直でよくみる症候・疾患ABC) -- (境界領域の救急患者への初期対応)
  • 経口免疫寛容
  • 後藤 真生
  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 53(9), 526, 2006-09-15
  • … る.よって免疫系は経口的に摂取した異物に特異的に応答を制御していることが理解できる.この現象を経口免疫寛容という.<BR>漆職人が漆かぶれの予防に漆を飲む,ネイティブアメリカンがツタウルシかぶれを防ぐためにツタウルシを食べる,など様々な民間伝承もあり,現象としては古くから知られていたようである.しかし,科学的な解析が始まったのは1911年にはWellsによって,鶏卵蛋白をあらかじめ餌と …
  • NAID 130000051926

関連リンク

2003年6月4日 ... 先日、(ハゼノキによる)ウルシかぶれを体験してしまいました。ごく一般的な事例では ありますが、Webにもあまり具体的な話は出ていないようなので、ここに記録します。 また、今回くやしまぎれに勉強した情報をいくつか掲載しています。参考に ...
本種をはじめ、近縁種はアレルギー性接触性皮膚炎(いわゆる「ウルシかぶれ」)を 起こしやすいことで有名である。これは、ウルシオールという物質によるものである。人 によっては、ウルシに触れなくとも、近くを通っただけでかぶれ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事ウルシ

ウルシ」

  [★]

poison oak
ツタウルシトキシコデンドロン属ウルシ科




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡