ウリジン二リン酸グルコース

出典: meddic

uridine diphosphate glucose, UDPG
UDPグルコース UDP-グルコース UDP-glucose UDPGlc
グリコーゲン




グリコーゲン合成

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/21 04:26:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 酵母によるウリジン-5'-リン酸(5'-UMP)からウリジン二リン酸グルコース(UDPG)の醗酵生産 (微生物による糖ヌクレオチドの代謝に関する研究-1,2-)
  • グルコース転移によるウリジン・二リン酸・グルコースからのグルコシドの生合成

関連リンク

ウリジン5'二リン酸グルコース の関連キーワード |ウリジンホスホグルコース |ホスホグルコースイソメラーゼ |ホスホグルコノラクトン |ホスホグルコムターゼ | ホスホグルコン酸 |ホスホグルコン酸回路 |ホスホグルコン酸 ...
ウリジン二リン酸グルコースで始まる言葉の辞書すべての検索結果。うりじんにりんさんぐるこーす【ウリジン二リン酸グルコース】,うりじんにりんさんぐるこーすでひどろげなーぜ【ウリジン二リン酸グルコースデヒドロゲナーゼ ...
20 mMリン酸緩衝液(pH7.0)/480 mMリン酸緩衝液(pH6.85)、グラジエント溶出 検 出 260 nm 2. 定 量 pH2の水溶液(0.01 N塩酸溶液)として262 nmの吸光度を測定し、分子吸光係数( ε 262 =10,000)を用いて算出する。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みグリコーゲン」「UDPGlc
リンク元活性型運搬体分子」「UDP-glucose」「uridine diphosphate glucose」「UDPグルコース」「UDPG
拡張検索ウリジン二リン酸グルコース脱水素酵素
関連記事グルコース」「リン」「リジン」「ウリジン」「

グリコーゲン」

  [★]

glycogen
糖原動物性澱粉 animal starchヘパチン hepatin
グルコース





UDPGlc」

  [★]

See Uridine diphosphate glucose

活性型運搬体分子」

  [★]

activated carrier molecule
  • カルボキシル化ビオチン
  • ウリジン二リン酸グルコース

UDP-glucose」

  [★] ウリジン二リン酸グルコース

Uridine diphosphate glucose


uridine diphosphate glucose」

  [★] ウリジン二リン酸グルコース

UDP/ UDPGlc


UDPグルコース」

  [★] ウリジン二リン酸グルコース

UDPglucose


UDPG」

  [★] ウリジン二リン酸グルコース

ウリジン二リン酸グルコース脱水素酵素」

  [★]

uridine diphosphate glucose dehydrogenase
UDPグルコース脱水素酵素


グルコース」

  [★]

glucose, grape sugar, dextrose
ブドウ糖注、グルノン
GLUT血中グルコース濃度血糖値GLUT
グルコース1-リン酸グルコース6-リン酸

分子量

  • 分子量:180 g/mol
血糖 100 mg/dl -> 1000 mg/l ; 1000 mg/l / 180 g/mol ≒5.6 mmol/l = 5.6 mM

尿細管におけるグルコースの再吸収 SP.801

  • 近位尿細管における刷子縁で行われる。
  • 管腔側に糖/Na+共輸送体 SGLT(SGLT1SGLT2)が存在し、Naとグルコースを共輸送する
  • SGLT2がグルコースの取り込みに貢献している(低親和性、高用量の輸送担体)
  SGLT1 SGLT2
局在 近位尿細管 近位尿細管
 中間部(S2)  起始部(S1)
 終末部(S3)
グルコースの親和性 高親和性 低親和性
  • 側底膜にはGLUT2が存在し、血液循環にグルコースを輸送する。

輸液で用いられるグルコース

  • 末梢静脈:5%グルコース。5g/100g -> 50g/1L -> 50/180 Eq/L -> 277.78 mEq/L

臨床関連




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





リジン」

  [★]

lysine, Lys, K ≠ ricin
リシン
アミノ酸アルギニンヒスチジン
  • 極性、塩基性
  • 側鎖
 -CH2-CH2-CH2-CH2-NH2
   α  β  γ  ε >εアミノ基を有する。即ち、側鎖には炭素が4つ含まれる。
  • ヒストンにLysが豊富なこと、Lysのεアミノ基がアセチル化を受けると正電荷が失われる。-NH-CO-CH3




ウリジン」

  [★]

uridine Urd
ウラシル



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡