ウラシルマスタード

出典: meddic

uracil mustard

関連リンク

ChemicalBook あなたのためにウラシルマスタード(66-75-1)の化学的性質を提供して 、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質 、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更にウラシルマスタード(66-75-1)の ...
しかしその後、ドイツで同じくナイトロジェンマスタード誘導体のシクロホスファミドが開発 され、ナイトロミンは市場を奪われることになった。さらに、ナイトロジェンマスタード 誘導体としてクロラムブシル、メルファラン、ウラシルマスタードなどが開発されて現在に 至る。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元uracil mustard
関連記事ウラシル」「マスター」「マス」「マスタード

uracil mustard」

  [★]

ウラシルマスタード

ウラシル」

  [★]

uracil Ura
2,4(1H,3H)-ピリミジンジオン 2,4(1H,3H)-pyrimidinedione


マスター」

  [★]

master
主要熟達主人達人

マス」

  [★]

trout
チャーイワナ属


マスタード」

  [★]

mustard
カラシナ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡