ウエスタン法

出典: meddic

Western analysis
ウエスタン分析ウエスタン解析ウエスタン解析法Western解析

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アデノウイルス感染によるRNA結合タンパクHuRの制御
  • キュウリアスコルビン酸オキシダーゼ遺伝子のプロモーターの傷害誘導性シスエレメントに結合する新規タンパク質
  • <学位論文要旨>線虫 II 型チオラーゼの構造と機能
  • Memoirs of the Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University. IV, Science reports : studies of fundamental and environmental sciences 26, 137-139, 2000-12-28
  • NAID 110000482382

関連リンク

ウェスタンブロッティングは、電気泳動の優れた分離能と抗原抗体反応の高い特異性を組合わせて、タンパク質混合物から特定のタンパク質を検出する手法です。SDS-PAGEや等電点電気泳動、二次元電気泳動後のゲルからタンパク質を ...
ウエスタンプロット法 ウエスタンプロット法とは、無数にあるタンパク質の中から、ある特定のタンパク質だけを検出する方法である。 1.電気泳動によるタンパク質の分離 まず、無数のタンパク質を大きさ別で分離する。

関連画像

ゲル電気泳動の高い分離能に ウエスタンブロット法(WB 検査(定性検査:ウエスタン ELISA法、ウエスタン ウエスタンブロット(WB)法 ファルコライフサイエンス:お


★リンクテーブル★
リンク元Western解析」「ウエスタン分析」「ウエスタン解析」「Western analysis」「ウエスタン解析法
関連記事エス」「」「ウエスタン

Western解析」

  [★]

Western analysis
ウエスタン分析ウエスタン法ウエスタン解析ウエスタン解析法


ウエスタン分析」

  [★]

Western analysis
ウエスタン法ウエスタン解析ウエスタン解析法Western解析


ウエスタン解析」

  [★]

Western analysis
ウエスタン分析ウエスタン法ウエスタン解析法Western解析


Western analysis」

  [★]


ウエスタン解析法」

  [★]

Western analysis
ウエスタン分析ウエスタン法ウエスタン解析Western解析

エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


ウエスタン」

  [★]

western
ウエスタンブロット西ウェスタン西部




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3