ウェルニッケ-リヒトハイム図式

出典: meddic

関連リンク

古典型失語症候群に分類する際に必須でない項目はどれか。 a.復唱 b.書称 c.読解 d.自発話 e.聴理解 1. a、b 2. a、e ... 古典型失語症候群とは、ウェルニッケ・リヒトハイムの失語図式に基づいた失語の分類。流暢性、聴理解、復唱 ...
失語症を評価する際に、タイプ分類をする。これは学校でも再三、勉強してきたし、実習でも行ってきたことである。 そのときのタイプ分類とは、ウェルニッケとリヒトハイムによる失語図式であり、ボストン学派の ...
失語症の分類図式(ウェルニッケ=リヒトハイムの図式)を作り,感覚失語の病巣 左側頭葉,ウェルニッケ中枢)を決定した。 出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create ...

関連画像

 リヒトハイムの図式 および聴覚性言語中枢


★リンクテーブル★
関連記事」「図式」「ウェル」「ヒト」「ウェルニッケ

式」

  [★]

equationformulaformulaeexpressionEq.
公式処方箋発現表現表情方程式発現量


図式」

  [★]

schemeschema
計画シェーマ模式図スキームスキーマ


ウェル」

  [★]

well
井戸順調よく


ヒト」

  [★]

human, Homo sapiens


ウェルニッケ」

  [★]

Wernicke




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡