ウェルニッケ-マン肢位

出典: meddic

ウェルニッケ・マン肢位

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

世界大百科事典 第2版 ウェルニッケ=マンの肢位の用語解説 - それらと拮抗する筋群である上肢の屈筋群,下肢の伸筋群には痙縮を生じ,上肢を屈曲させた位置から急に伸展させたり,下肢を伸展させた位置から急に屈曲させると ...
まず、4つの神経線維の作用について説明します。 脳卒中になられて、片麻痺を呈した方が、筋肉が固まり、腕が曲がり、膝や足は伸びたままの姿勢(ウェルニッケマン肢位)を見たことをある人も多いのではないかと思います。
上の方無断転用はやめた方がいいですよ。 ttp://homepage3.nifty.com/yoshii-seikei/yuugai.htm この文を読む限り、失行症がなければウェルニッケマン肢位にはならないんですね。 まぁ筋力トレーニングも要因の一つでしょう。 ...

関連画像

え ー まあ 簡単 に 説明 する


★リンクテーブル★
リンク元ウェルニッケ・マン肢位
関連記事ウェル」「ウェルニッケ

ウェルニッケ・マン肢位」

  [★]

Wernicke-Mann posture
ウェルニッケ-マン肢位
ウェルニッケ・マン型拘縮ウェルニッケ・マン型片麻痺
  • 脳神経障害の後遺症で見られる特徴的な肢位
  • 肘関節:屈曲
  • 前腕:回内
  • 手関節・手指:屈曲
  • 股関節:伸展・外旋・外転
  • 膝関節:伸展
  • 足関節:内反・底屈


ウェル」

  [★]

well
井戸順調よく


ウェルニッケ」

  [★]

Wernicke




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡