ウインドウ期

出典: meddic

window period

定義

  • ある検査手法で病原体の感染を証明できない期間

NATのウインドウ期

  • NATで検出できるウイルス量に達するまでの期間

血清学的ウインドウ期

  • 血清学的な検査で「陽性」と判定できる状態になるまでの期間

ウインドウ期と感染

  • 病原体を含む血液が献血に供されたとき、輸血者に感染するリスクが生じる。
  • 例えば、HIV感染症の急性期においてはウイルス量は急に増えるためRT-PCRで検出可能であるが、抗HIV-1抗体の増加には時間がかかるためPA方あるいはEIA法などでは検出されない。従って、抗体抗原反応による検査方法ではRT-PCR法よりウインドウ期が長くなる


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 輸血,血液製剤によるHCV感染の現状とその予防対策 (新時代のウイルス性肝炎学--基礎・臨床研究の進歩) -- (C型肝炎ウイルス感染とその予防対策)
  • 高橋 雅彦,内田 茂治
  • 日本臨床 69(-) (999), 114-121, 2011-05
  • NAID 40018838452
  • 感染症でのウインドウ期 (特集 臨床検査値の落とし穴)
  • 鈴木 啓二朗,諏訪部 章
  • 月刊薬事 50(8), 1185-1188, 2008-08
  • NAID 40016173829
  • HIV-1 RNA定量検査で診断された急性HIV感染症
  • 根岸 久実子,設楽 美典,佐々木 吉夫,味澤 篤,大林 民典
  • 臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE 54(4), 335-339, 2006-04-25
  • NAID 10018014957

関連リンク

「ウインドウ期」は、詳しくは2つに分けられます。 すなわち、感染してからNATで検出されるウイルス量 に達するまでの「NATのウインドウ期」と、血清学的 検査で「陽性」と判定される状態になるまでの「血清学 的ウインドウ期 ...
東京都赤十字血液センターのホームページです。都内の献血ルーム一覧・地図等を掲載 ... ウイルスに感染してから、検査で検出できるようになるまでの空白期間のことです。NAT(核酸増幅検査)が導入されてからHBV・HCV・HIVのウインドウ ...
HIVの感染初期には、血液検査では陰性となり、感染していることが検査では分らない時期があります。これを「ウインドウ期(ウインドウピリオド)」と言います。HIVに感染すると、通常、4週間後くらいから血液中でHIVに対する抗体が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事インド

インド」

  [★]

IndiaIndian
インディアンインド人




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡