ウイルス感染

出典: meddic

viral infection
ウイルス感染症

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/23 17:22:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • APOBEC ファミリーによるウイルスゲノムの変異蓄積とウイルス感染防御メカニズムの解明
  • 大矢 和正,村松 正道
  • 学長研究奨励費研究成果論文集 7(22), 89-94, 2011-08
  • NAID 120003273418
  • P2-21-1 小児気管支喘息患者におけるプランルカスト投与と喘息発作/感冒時のライノウイルス感染の関連(P2-21 感染とアレルギー,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 森田 慶紀,下条 直樹,佐藤 好範,星岡 明,阿部 博紀,斎藤 公幸,椿 俊和,原木 真名,澤 晶子,中山 義雄,小島 博之,重田 みどり,河野 陽一
  • アレルギー 60(3・4), 502, 2011-04-10
  • NAID 110008594693

関連リンク

2008年7月10日 ... パソコンがウイルスに感染した映像。 ... Top Comments. PCウイルスってこうしたソフト 会社が対策ソフトで儲けるために. 作ったんではないか? とWindows95の時から思っ てる。?. amp3cx10000a7jp 6 months ago 68. 全部ウゼェ… ...

関連画像

ウイルス感染やFreeBSDを狙うウイルス、感染 ウイルス感染したパソコンです ウイルス感染前の不審な履歴20101031022133.jpgウイルス感染画面


★リンクテーブル★
先読みウイルス感染症
国試過去問107B060」「097A056」「095A022」「095E017
拡張検索パラインフルエンザウイルス感染症」「ハンタウイルス感染症」「ライノウイルス感染
関連記事ウイルス」「感染

ウイルス感染症」

  [★]

viral infectious disease, virus infectious disease
ウイルス


107B060」

  [★]

  • 次の文を読み、58~60の問いに答えよ。
  • 57歳の男性。便潜血検査で異常を指摘され精査のため来院した。
  • 現病歴:50歳時に大腸ポリープで内視鏡的切除術を受けた。その後、特に症状を認めないためそのままにしていた。先日、同僚が大腸癌で手術を受けたため、自分も癌ではないかと気になり自宅近くの診療所を受診した。尿検査、血液検査および腹部超音波検査で異常はなく、便潜血検査で陽性を指摘され受診した。
  • 既往歴:28歳時に急性虫垂炎で手術。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を25年間。飲酒はビール350ml/日を35年間。2年前から禁煙、禁酒している。
  • 家族歴:父親が大腸癌のため89歳で死亡。
  • 現症:身長165cm、体重67kg。体温36.6℃。脈拍72/分、整。血圧130/84mmHg。呼吸数14/分。右下腹部に軽度の圧痛と手術後の瘢痕とを認める。筋性防御と反跳痛とを認めない。腫瘤を触知しない。
  • 検査所見:血液検査:赤血球420万、Hb 13.4g/dl、Ht 42%、白血球8,200、血小板28万。血液生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン3.8g/dl、総コレステロール230mg/dl、AST 36IU/l、ALT 36IU/l。CRP 0.03mg/dl。これまでの臨床経過と既往歴から下部消化管内視鏡検査を行った。下行結腸の内視鏡像(別冊No.6)を別に示す。
  • 患者から「この病気が日本で増えているとおっしゃいましたが、その原因は何ですか」と質問があった。
  • 適切な回答はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107B059]←[国試_107]→[107B061

097A056」

  [★]

  • 34歳の女性。発熱、全身倦怠感および前頚部痛を主訴に来院した。3週前に発熱と咽頭痛とが出現し、1週間持続した。その後いったん軽快したかにみえたが、2週後に再び微熱が現れ、体重が3kg減少した。身長158cm、体重49kg。体温37.2℃。脈拍96/分、整。血圧138/66mmHg。甲状腺は左葉が硬く結節性に腫大し、自発痛と圧痛とを認める。眼球突出はないが、手指振戦を認める。血液所見:赤沈110mm/1時間、白血球4,100。血清TSH0.01μU/ml未満(基準0.2~4.0)、freeT4 3.3ng/dl(基準0.8~2.2)。甲状腺123I摂取率(24時間値)3.4%(基準10~40)。
  • 病因として考えられているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A055]←[国試_097]→[097A057

095A022」

  [★]

  • 疾患とリスク要因の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A021]←[国試_095]→[095A023

095E017」

  [★]

  • 聴力障害の原因とならないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095E016]←[国試_095]→[095E018

パラインフルエンザウイルス感染症」

  [★]

parainfluenza virus infection
パラインフルエンザパラインフルエンザウイルス感染パラミクソウイルス感染症


ハンタウイルス感染症」

  [★]

hantavirus infectionhantaviral infection
ハンタウイルス感染


ライノウイルス感染」

  [★]

rhinovirus infection
ライノウイルス感染症


ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡