ウイルス性疣贅

出典: meddic

viral wart


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ウイルス性疣贅 (特集 やさしい皮膚病診療ガイド) -- (部位別:手足の皮膚疾患)
  • 非定型的ウイルス性疣贅の臨床病理組織像 (皮膚科セミナリウム(第59回)皮膚のウイルス感染症)
  • 三石 剛
  • 日本皮膚科学会雑誌 120(5), 1009-1014, 2010-04
  • NAID 40017065182

関連リンク

尋常性疣贅(一般的に手足や顔にできるイボ). ヒトパピローマウイルス2型・27型・57型 の感染で生じる。自分で削ったりいじったりすることでもどんどん増殖し、放っておいても どんどん増えるために下記のような治療が行われる。 足底疣贅(足の裏にできるイボ) ...

関連画像

ウイルス性イボ、ポロっと ウイルス性イボ】手のイボが  ウイルス性疣贅がよく図5 ウイルスを排出する 病名;尋常性疣贅 イボ、ウイルス性のイボ、いぼ


★リンクテーブル★
リンク元表皮肥厚
関連記事ウイルス」「疣贅

表皮肥厚」

  [★]

acanthosis
アカントーシス表皮過形成 epidermal hyperplasia棘細胞症棘細胞層肥厚


定義

  • 表皮が肥厚した状態
  • とくに有棘層が肥厚

形態と疾患 (NDE.28-29)

  • 1. 平坦型:表皮全体が軽度肥厚
  • 3. 乳頭型/乳頭腫型:表皮が上方に突出
  • 4. 偽癌型/偽癌性増殖型:有棘細胞癌に類似した下方への不規則な突出
  • 5. 不規則型(扁平上皮癌)、


ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




疣贅」

  [★]

ゆうぜい
wart, verrunca, vegetation
verrca, verruca
いぼ
疣腫(日本循環器学会推奨)
warts & hypogammaglobulinemia infections and myelokathexis syndrome WHIM


皮膚

  • HPVによる感染により生じる

循環器

  • 感染性心内膜炎により病原体が心内膜に形成する小血栓。病原微生物が心内膜上(の血栓)に付着・増殖した後、フィブリン・線維性組織によって取り囲まれてできあがった硝子様の小血栓(YN.C-130)




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡