ウィルヒョー

出典: meddic

Virchow


和文文献

  • ウィルヒョウ『細胞病理学』なるものを問う(4)研究至上主義は学問への道を断つ
  • なかのとおるの生命科学者の伝記を読む(第13回)超人・巨人・全人ウィルヒョウ--ウィルヒョウの生涯 E.H.アッカークネヒト著 舘野之男,村上陽一郎,河本英夫,溝口元訳

関連リンク

ウィルヒョー、ウィルヒョウ、フィルヒョー、ヴィルヒョー Virchow は人名。日本語ではウィルヒョーまたはウィルヒョウという表記が最もよく使われる。ドイツ語での発音は、フィルヒョーが近い。英語読みすると、ヴィアコウまたは ...
百科事典マイペディア - ウィルヒョーの用語解説 - →フィルヒョー ... ウィルヒョー ウィルヒョー Virchow, Rudolf [生]1821.10.13. ポンメルン,シーフェルバイン [没]1902.9.5. ベルリン ドイツの病理学者,人類学者,政治家。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みVirchow
拡張検索ウィルヒョー病

Virchow」

  [★] ウィルヒョウ

WordNet   license wordnet

「German pathologist who recognized that all cells come from cells by binary fission and who emphasized cellular abnormalities in disease (1821-1902)」
Rudolf Virchow, Rudolf Karl Virchow


ウィルヒョー病」

  [★]

Virchow disease
骨性獅子面症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡