ウィルコクソンの順位和検定

出典: meddic

Wilcoxon rank sum test, Wilcoxon two-sample test
ウィルコクソンの順位検定
ノンパラメトリック検定


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/10 10:41:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 地域の健康学習プログラム作成のためのワークショップについて

関連リンク

対応のある 2 変数の組について,代表値に差があるか検定する。 ウィルコクソンの符号付順位和検定では,2 変数のとる値の差が定義でき,かつ,差の順位付けができなければならない(この条件が満たされないときには符号検定を ...
以下の表がウィルコクソンの順位和検定の数表である。上が有意水準0.05のとき、下が0.01のときに用いる数表となる。もし、"(N 1, N 2)=(4, 5)"である場合は、上で求めた順位の合計、統計量Tが11以下 (11位以下) または29以上 (29位以上) で ...

関連画像

順位 和 検定 です から 符号 のウィルコクソンの符号順位和 ウィルコクソン が 順位 和 というわけで,この対応のある  位和検定でもやりましたがウィルコクソンの符号順位検定


★リンクテーブル★
先読みWilcoxon rank sum test
リンク元ウィルコクソンの順位検定」「Wilcoxon two-sample test
関連記事検定」「順位和検定」「順位

Wilcoxon rank sum test」

  [★]

ウィルコクソン順位和検定Wilcoxon順位和検定

ウィルコクソンの順位検定」

  [★]

ウィルコクソンの順位和検定


Wilcoxon two-sample test」

  [★] ウィルコクソンの順位和検定

検定」

  [★]

assaytestassaytest
アッセイ検査検定法試験、試験法、測定法定量テスト分析アッセイ法
  • 母数についてある特定の家庭を設定し、その仮定が正しいかどうかについて統計学的に伴ダンスrための手法である。設定した帰無仮説の下で、ある特定の統計量が得られる確率を求める。その検定により得られた確率(p値)がある基準(有意水準)より小さければ、母数に関する帰無仮説が間違っている可能性が高い(有意差がある)と判断する。(QB)

参考

  • 1. 仮説検定 - wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E8%AA%AC%E6%A4%9C%E5%AE%9A


順位和検定」

  [★]

rank sum test
マンホイットニーのU検定


順位」

  [★]

rankranking
位置




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡