インドールピルビン酸反応

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

IPA反応は、ペプトンの中に含まれるトリプトファンの脱アミノ反応で産生される インドールピルビン酸と、鉄イオンとの反応で確認される。培地の表層部に褐色帯が認め られた場合をIPA'''陽性とする。 運動性は、穿刺した部分から放射状に菌が発育して いるか ...
インドール-3-酢酸(英: indole-3-acetic acid、略称: IAA)は、オーキシンと呼ばれる植物 ホルモンの一種で、複素環式化合物の一つである。無色の結晶で、オーキシンの中では おそらく最も重要である。インドールの誘導体で、カルボシメチル基(酢酸基)を持つ。

関連画像

チロシンの生合成TCA回路(クエン酸値のみ上昇)a11.png


★リンクテーブル★
関連記事反応」「インドール」「インド」「ピル」「ビン

反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



インドール」

  [★]

indole
2,3-ベンゾピロール 2,3-benzopyrrole
トリプトファン


indole


インド」

  [★]

IndiaIndian
インディアンインド人

ピル」

  [★]

pill
丸剤経口避妊薬丸薬


ビン」

  [★]

bottle
ビンづめ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡