インターロイキン21

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ALIMENTARY TRACT インターロイキン21による腸管炎症とTh17反応の調節
  • 松本 譽之 [訳],Fina Daniele,Sarra Massimiliano [他]
  • Review of gastroenterology & clinical gastroenterology and hepatology 3(3), 21-24, 2008-11
  • NAID 40016346598
  • サイトカイン共通受容体γc鎖を介する免疫制御機構の解析
  • 浅尾 裕信
  • 臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE 55(1), 51-58, 2007-01-25
  • NAID 10018896800

関連リンク

IL-21はIL-2やIL-15と構造上有意な相同性が認められる。IL-21レセプターは2個のサブユニットからなる。その一つはIL-21Rであり,IL-2RβやIL-4Rαとアミノ酸配列で高い相同性をもつ。他はIL-2,IL-4,IL-15などが共有するcommonγ(γc)鎖 ...
制御性B細胞のサブセットはマウスとヒトの両方で複数見つかっており、これには抑制性サイトカインであるインターロイキン10(IL-10)を産生する制御性B10細胞サブセットが含まれる。B細胞由来のIL-10は、マウスで自己免疫疾患 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索インターロイキン21受容体αサブユニット」「インターロイキン21受容体
関連記事インターロイキン

インターロイキン21受容体αサブユニット」

  [★]

interleukin-21 receptor alpha subunit


インターロイキン21受容体」

  [★]

interleukin-21 receptor


インターロイキン」

  [★]

interleukin interleukins IL
サイトカイン


=知られているインターロイキン

IMM.799
  • IL-1:マクロファージ、上皮細胞が産生。視床下部に作用して発熱、T細胞やマクロファージを活性化させる。
  • IL-2:リンパ球(T細胞)が産生し、細胞性免疫(T細胞の増殖)にかかわる。
  • IL-3:活性化リンパ球などから産生される造血因子(骨髄系細胞の増殖因子)
  • IL-4:T細胞、肥満細胞により産生され、B細胞活性化、IgEスイッチ、Th2細胞への分化誘導などの機能を有する。
  • IL-5:好酸球の分化と活性化を誘導
  • IL-6:T細胞、マクロファージ、内皮細胞が産生。T細胞・B細胞の増殖と分化、急性期タンパク(CRPなど)の産生、発熱に関わる。
  • IL-7
  • IL-8
  • IL-9
  • IL-10
  • IL-11
  • IL-12
  • IL-13
  • IL-14
  • IL-15
  • IL-16
  • IL-17
  • IL-18
  • IL-19
  • IL-20
  • IL-21
  • IL-22
  • IL-23
  • IL-24
  • IL-25
  • IL-26
  • IL-27





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡