インターロイキン12

出典: meddic

interleukin-12;IL-12
IL-12



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/29 01:20:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 炎症メディエーター 主なサイトカイン インターロイキン12 (関節リウマチ(第2版)--寛解を目指す治療の新時代) -- (関節リウマチの成因と病態生理)
  • インターフェロンγおよびインターロイキン12の前処理によりマクロファージはリーシュマニア原虫感染初期に抵抗性を示す(寄生虫病学)
  • 太田 陽子,高島 康弘,松本 芳嗣 [他],林 良博,松本 安喜
  • The journal of veterinary medical science 70(6), 589-593, 2008-06-25
  • インターフェロンγ(IFN-γ)はリーシュマニア症の制御に必須であるが,それ単独では感染防御に十分ではないことが知られている.IFN-γはマクロファージ(Mφ)活性化サイトカインの1つであり,活性化Mφはインターロイキン12(IL-12)を産生し,自らもIL-12により活性化する.本研究では,Mφのリーシュマニア原虫感染性に対するIFN-γおよびIL-12の関与を検討した.感染前にMφをIFN-γ …
  • NAID 110006812735
  • アトピー性皮膚炎に対する乳酸菌の効果
  • 藤村 響男
  • 皮膚の科学 7(Suppl.10), A38-A44, 2008
  • ADは,免疫学的にはTh2ドミナントな疾患で,抗原に対するTh1/Th2応答の変動によって臨床経過が異なる。我々は以前,難治性AD患者が水痘や麻疹感染後にAD症状が数ヶ月にわたって改善する現象を解析し,この軽快現象は感染ウィルスを排除するために皮疹部において産生されたIL-12が,ダニ抗原応答性Th2細胞に作用しサイトカイン産生パターンがTh2タイプからTh1タイプにスイッチしたためと結論づけた( …
  • NAID 130004725530

関連リンク

インターロイキン-12(Interleukin-12:IL-12) インターロイキン-12(IL-12)は、当初"NK細胞刺激因子"の名称で報告されたように、NK細胞に対する著明な活性化作用を特徴とするサイトカインである。IL-12は、75kDaの糖蛋白で、互いに相同性 ...
この分化には、サイトカインが重要な役割を果たしており、IL-12がTh1への分化を、またIL-4がTh2への分化を誘導します。 最近になって、IL-12と相同性を持つサイトカイン、IL-23,IL-27とその受容体が同定され、IL-12がファミリーを形成する ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
拡張検索インターロイキン12受容体」「インターロイキン12受容体β2サブユニット」「インターロイキン12受容体β1サブユニット」「インターロイキン12サブユニットp35」「インターロイキン12サブユニットp40
関連記事インターロイキン

インターロイキン12受容体」

  [★]

interleukin-12 receptorIL-12 receptor
IL-12受容体IL-12レセプター

インターロイキン12受容体β2サブユニット」

  [★]

interleukin-12 receptor beta 2 subunit


インターロイキン12受容体β1サブユニット」

  [★]

interleukin-12 receptor beta 1 subunit

インターロイキン12サブユニットp35」

  [★]

interleukin-12 subunit p35


インターロイキン12サブユニットp40」

  [★]

interleukin-12 subunit p40


インターロイキン」

  [★]

interleukin interleukins IL
サイトカイン


=知られているインターロイキン

IMM.799
  • IL-1:マクロファージ、上皮細胞が産生。視床下部に作用して発熱、T細胞やマクロファージを活性化させる。
  • IL-2:リンパ球(T細胞)が産生し、細胞性免疫(T細胞の増殖)にかかわる。
  • IL-3:活性化リンパ球などから産生される造血因子(骨髄系細胞の増殖因子)
  • IL-4:T細胞、肥満細胞により産生され、B細胞活性化、IgEスイッチ、Th2細胞への分化誘導などの機能を有する。
  • IL-5:好酸球の分化と活性化を誘導
  • IL-6:T細胞、マクロファージ、内皮細胞が産生。T細胞・B細胞の増殖と分化、急性期タンパク(CRPなど)の産生、発熱に関わる。
  • IL-7
  • IL-8
  • IL-9
  • IL-10
  • IL-11
  • IL-12
  • IL-13
  • IL-14
  • IL-15
  • IL-16
  • IL-17
  • IL-18
  • IL-19
  • IL-20
  • IL-21
  • IL-22
  • IL-23
  • IL-24
  • IL-25
  • IL-26
  • IL-27





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡