インターロイキン製剤

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

2005年10月25日 ... interleukin. リンパ球や単球,マクロファージなど免疫担当細胞が産生する生物活性 物質の総称であり、免疫反応に関連する細胞間相互作用を媒介するペプチド/蛋白性 物質である.サイトカインの中の一群である.アミノ酸配列が明らかになっ ...
インターロイキン2(イムネース、セロイク)は免疫系がん細胞を攻撃する際に中心となるT 細胞の増殖を促進するとともに、がん細胞を破壊するNK(ナチュラルキラー)細胞の働き を高め、がんを攻撃する働きがあります。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事インターロイキン」「製剤」「

インターロイキン」

  [★]

interleukin interleukins IL
サイトカイン


=知られているインターロイキン

IMM.799
  • IL-1:マクロファージ、上皮細胞が産生。視床下部に作用して発熱、T細胞やマクロファージを活性化させる。
  • IL-2:リンパ球(T細胞)が産生し、細胞性免疫(T細胞の増殖)にかかわる。
  • IL-3:活性化リンパ球などから産生される造血因子(骨髄系細胞の増殖因子)
  • IL-4:T細胞、肥満細胞により産生され、B細胞活性化、IgEスイッチ、Th2細胞への分化誘導などの機能を有する。
  • IL-5:好酸球の分化と活性化を誘導
  • IL-6:T細胞、マクロファージ、内皮細胞が産生。T細胞・B細胞の増殖と分化、急性期タンパク(CRPなど)の産生、発熱に関わる。
  • IL-7
  • IL-8
  • IL-9
  • IL-10
  • IL-11
  • IL-12
  • IL-13
  • IL-14
  • IL-15
  • IL-16
  • IL-17
  • IL-18
  • IL-19
  • IL-20
  • IL-21
  • IL-22
  • IL-23
  • IL-24
  • IL-25
  • IL-26
  • IL-27


製剤」

  [★]

(調剤)formulationpreparationdosage、(工業)drug product
製剤形態剤形処方準備調製投薬量投与量標品標本服用量プレッププレパラート薬用量用意用量製法


剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡