インスリン感受性

出典: meddic

insulin sensitivityinsulin-sensitive
インシュリン感受性




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腸内環境と糖・エネルギー代謝 (特集 臓器間ネットワークの解明)
  • 中江 淳,川野 義長,伊藤 裕
  • 細胞 47(10), 480-483, 2015-09
  • NAID 40020590283
  • NW-11-2 胎児プログラミング : 視床下部におけるインスリン感受性の変化が肥満発症に与える影響(ミニワークショップ11 妊婦の代謝異常,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
  • 深見 達弥,Ross Michael,江口 冬樹
  • 日本産科婦人科學會雜誌 67(2), 516, 2015-02-01
  • NAID 110009940746
  • 有痛性糖尿病性神経障害の治療に伴い低血糖の頻度が増加した1例
  • 安部 真教,中村 清哉,比嘉 達也,大久保 潤一,垣花 学
  • 日本ペインクリニック学会誌 advpub(0), 2015
  • … となった.入院期間27日中の低血糖は11回,そのうち朝に9回発生した.インスリン投与量は,持効型が入院期間中に22単位から18単位に,超速効型が毎食後7単位から5単位に減量された.糖尿病性神経障害の治療は,高血糖を予防し,厳重に血糖管理を行うことが重要である.痛みの治療経過中に低血糖の頻度が増加し,血糖管理に難渋した.インスリン過量,インスリン感受性の改善が低血糖の原因として考えられた. …
  • NAID 130005099327

関連リンク

血液の中のブドウ糖は、インスリンの働きだけでは、うまく細胞にブドウ糖をとりこんで、血糖値を下げることができません。 インスリンは、血液の中のブドウ糖と結合して、それを細胞に送ろうと働きますが、それをうけとる ...
すい臓から分泌されるインスリンの量が十分あるばかりでなく、それが全身の細胞でしっかり作用している状態。 「スローカロリー」は、2型糖尿病の原因である"インスリン感受性"を改善することも期待されています。"インスリン ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読みinsulin-sensitive
リンク元insulin sensitivity」「インシュリン感受性
拡張検索インスリン感受性改善薬
関連記事インスリン」「リン」「感受性」「感受」「

insulin-sensitive」

  [★]

  • インスリン感受性の、インシュリン感受性の
insulin sensitivity

insulin sensitivity」

  [★]

insulin-sensitive
SI
SI


インシュリン感受性」

  [★]

insulin sensitivityinsulin-sensitive
インスリン感受性

インスリン感受性改善薬」

  [★]

insulin sensitizer
インスリン抵抗性改善薬

インスリン」

  [★]

insulin (Z)
immunoreactive insulin IRI ← ELISAを利用して定量されるインスリン(臨床検査医学)
インスリン製剤インスリン受容体
レギュラーインスリン1型インスリン

分類

  • ペプチド

性状

産生組織

プレプロインスリンの生合成@粗面小胞体 → プレプロインスリン -(切断@小胞体)→ プロインスリンはゴルジ体に輸送 -(切断@ゴルジ体小胞体)→ インスリン

標的組織

作用

  • 全般的な傾向として、同化作用↑、異化作用↓(糖新生↓)
  • インスリン受容体→ GLUTの細胞膜上への移動
  • K+の細胞内取り込み↑
  • 肝細胞でグリコーゲン合成↑
  • アミノ酸取り込み↑→タンパク質合成↑
  • 脂肪合成↑
  • 脂肪分解↓

分泌の調節

  • インスリン分泌↑
  • 細胞外K濃度↑→膵臓β細胞脱分極→インスリン分泌↑
  • インスリン分泌↓
  • 細胞外K濃度↓→膵臓β細胞再分極→インスリン分泌↓

分泌機構

  • 1. グルコース→解糖系→ATP↑→KATP閉鎖→脱分極→VDCC解放→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌*2a. ペプチドホルモン→Gsα活性化→AC↑→cAMP↑→PKA↑→インスリン開口分泌
  • 2b. ノルアドレナリン→Giα活性化→AC↓→cAMP↓→PKA↓→インスリン分泌抑制
  • 3. アセチルコリン→PLC活性化→

   →IP3↑→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌
   →DAG↑→PKC活性化→インスリン開口分泌

作用機序

  • 受容体型チロシンキナーゼ

臨床関連

インスリン作用不足による代謝障害
血漿中:ブドウ糖↑、アミノ酸↑、遊離脂肪酸↑、ケトン体
  • 高血圧とインスリン抵抗性の関連
インスリン抵抗性



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





感受性」

  [★]

sensitivity, susceptibility




感受」

  [★]

perception
知覚認知

性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡