インジカン尿症

出典: meddic

indicanuria

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

“紫色尿バック症候群”について 【質問】 泌尿器科に勤務する看護師です。すみませんが良く分からないので教えていただきたいのですが・・・ 便秘がちで, 水分摂取量が少ないだけで, 尿中インジカンの濃度が高くなるの ...
... などにより、大腸内のトリプトファンがインドールに分解されると、肝臓で硫酸抱合されインジカン となり、尿中に排泄される。インジカンは、尿中の細菌の働きによって、さらにインジゴ(青色色素)とインディルビン(赤色色素)に ...
インドールは腸管から吸収され、肝臓で硫酸抱合されてインジカン(無色の水溶性有機物質)となり、尿から排泄されます。インジカンは尿中の様々な細菌によりインジゴブルー(青色色素)とインディルビン(赤色色素)に分解されます ...

関連画像

尿検査尿検査尿検査排尿障害により長期間尿道 尿検査尿検査


★リンクテーブル★
関連記事インジカン」「

インジカン」

  [★]

indican
3-インドキシル硫酸
オーベルマイヤー法トリプトファンインドール、インドキシル
  • 生体では、蛋白中のトリプトファンは細菌によってインドールとなり、腸管から吸収、肝臓で参加されインドキシルとなる。さらに硫酸と結合してインジカンとなる。インジカンは解毒され尿より排泄される。尿中に著増する病態は腸内容停滞・以上分解、青いおむつ症候群、Hartnup病などである(LAB.188)



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡