インシュリン

出典: meddic

インスリン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/03 01:00:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アイソレーター飼育はC57BL/6JJclマウスにインシュリン抵抗性を引き起こす
  • 橋本 晴夫,江袋 進,野津 量子 [他],UENO Masami,ARAI Toshiro,KAWAI Kenji,HIRATA Hiroshi,OGAWA Maya,MIZUSAWA Takuma,IMAI Kuniyasu,HIGUCHI Yuichiro,SUEMIZU Hiroshi,ITO Mamoru,SAITO Muneo,HIOKI Kyoji
  • Experimental animals 60(5), 497-508, 2011-10-01
  • As basic probiotics studies, the glucose tolerance test (GTT), insulin tolerance test (ITT), and adipokine and hepatic enzyme activities were investigated in male C57BL/6JJcl (B6J) mice under germfree …
  • NAID 10029835491
  • 3K0948 膵臓ベータ細胞間ギャップ結合によるインシュリン分泌のロバスト保障(細胞生物的課題3,第49回年会講演予稿集)
  • 糖尿病の経験から、1日の食事について思うことを提案します--2年間で脱インシュリンに導いた体験から (特集 夕ごはん、どんな食べかたしていますか?)

関連リンク

インスリン(インシュリン、insulin)は、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞 から分泌されるペプチドホルモンの一種。名前はラテン語の insula (島)に由来する。21 アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながっ ...
「インシュリン」とは - ペプチドホルモンの一種。肝臓のランゲルハンス島から分泌される 。 血糖値を低下させる働きから、糖尿病の治療などに用いられている。 インシュリンの 主な働き 血液中のブドウ糖を筋肉や脂肪...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みインスリン
リンク元レギュラーインスリン」「1型インスリン
拡張検索インシュリンレセプター基質」「インシュリン感受性」「ブラインシュリンプ」「レギュラーインシュリン」「インシュリン様増殖因子
関連記事リン

インスリン」

  [★]

insulin (Z)
immunoreactive insulin IRI ← ELISAを利用して定量されるインスリン(臨床検査医学)
インスリン製剤インスリン受容体
レギュラーインスリン1型インスリン

分類

  • ペプチド

性状

産生組織

プレプロインスリンの生合成@粗面小胞体 → プレプロインスリン -(切断@小胞体)→ プロインスリンはゴルジ体に輸送 -(切断@ゴルジ体小胞体)→ インスリン

標的組織

作用

  • 全般的な傾向として、同化作用↑、異化作用↓(糖新生↓)
  • インスリン受容体→ GLUTの細胞膜上への移動
  • K+の細胞内取り込み↑
  • 肝細胞でグリコーゲン合成↑
  • アミノ酸取り込み↑→タンパク質合成↑
  • 脂肪合成↑
  • 脂肪分解↓

分泌の調節

  • インスリン分泌↑
  • 細胞外K濃度↑→膵臓β細胞脱分極→インスリン分泌↑
  • インスリン分泌↓
  • 細胞外K濃度↓→膵臓β細胞再分極→インスリン分泌↓

分泌機構

  • 1. グルコース→解糖系→ATP↑→KATP閉鎖→脱分極→VDCC解放→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌*2a. ペプチドホルモン→Gsα活性化→AC↑→cAMP↑→PKA↑→インスリン開口分泌
  • 2b. ノルアドレナリン→Giα活性化→AC↓→cAMP↓→PKA↓→インスリン分泌抑制
  • 3. アセチルコリン→PLC活性化→

   →IP3↑→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌
   →DAG↑→PKC活性化→インスリン開口分泌

作用機序

  • 受容体型チロシンキナーゼ

臨床関連

インスリン作用不足による代謝障害
血漿中:ブドウ糖↑、アミノ酸↑、遊離脂肪酸↑、ケトン体
  • 高血圧とインスリン抵抗性の関連
インスリン抵抗性



レギュラーインスリン」

  [★]

regular insulin
インシュリンレギュラーインシュリン1型インスリン

1型インスリン」

  [★]

type I insulin
インシュリンレギュラーインスリン

インシュリンレセプター基質」

  [★]

insulin receptor substrate
インシュリン受容体基質インスリン受容体基質インスリンレセプター基質

インシュリン感受性」

  [★]

insulin sensitivityinsulin-sensitive
インスリン感受性

ブラインシュリンプ」

  [★]

brine shrimp
アルテミア

レギュラーインシュリン」

  [★] レギュラーインスリン


インシュリン様増殖因子」

  [★] インスリン様成長因子

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡