イリジウム

出典: meddic

iridiumIr
  • 放射線治療の線源として使われている。
  • 高線量率遠隔操作式腔内照射法


192Ir:γ線。飛程は1cm程度


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/07 11:55:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 発光性イリジウム錯体LB膜を用いたセンシングデバイス (特集 激変するものづくり革新)
  • 佐藤 久子,田村 堅志,長岡 伸一
  • ケミカルエンジニヤリング 57(5), 375-380, 2012-05
  • NAID 40019311903
  • 診療 中リスク前立腺癌に対する外部照射併用高線量率イリジウム組織内照射の臨床第?相試験の多施設共同研究報告
  • 築山 巌,小林 伶子,平塚 純一 [他]
  • 臨床放射線 57(4), 577-583, 2012-04
  • NAID 40019282829

関連リンク

KDDIの法人のお客さま向けサービス「イリジウム」をご紹介します。 ... サービスイメージ イリジウム端末同士の通信は地上のネットワークを経由せず、衛星のみを経由して行われます。
特徴 イリジウムIXプラグは、一般プラグに比べ燃焼の広がりが速く、また絶縁体先端部にサーモエッジを設けて、プラグ汚損を改良した高性能プラグです。

関連画像

アバンギャルド・イリジウム イリジウムって、、、~北 ・イリジウム Iridium-2.jpgラグジュアリーP・イリジウム 火星・イリジウムフレア

添付文書

薬効分類名

  • アレルギー性皮膚疾患の検査薬

販売名

パッチテスト試薬金属 塩化アルミニウム2%

組成

有効成分(1mL中)

  • 塩化アルミニウム 20mg含有

添加物(基剤)

  • 精製水

効能または効果

効能又は効果


  • アレルギー性皮膚疾患のアレルゲンの確認

  • 液 :
    本品1滴を適当な布等に滴加し、皮膚面に2日間貼付し、剥がしてから30分から1時間後及び1日後に反応を以下の基準により判定する。
    なお、必要に応じて3〜5日後にも同様に判定する。


 −    反応なし
 ?+   弱い紅斑
 +    紅斑+浸潤+ときに丘疹
 ++   紅斑+浸潤+丘疹+小水疱
 +++  大水疱

  • 軟膏:
    本品の少量を適当な布等に塗布し、皮膚面に2日間貼付し、剥がしてから30分から1時間後及び1日後に反応を以下の基準により判定する。
    なお、必要に応じて3〜5日後にも同様に判定する。


 −    反応なし
 ?+   弱い紅斑
 +    紅斑+浸潤+ときに丘疹
 ++   紅斑+浸潤+丘疹+小水疱
 +++  大水疱 ■


★リンクテーブル★
リンク元iridium」「Ir
拡張検索イリジウム放射性同位体

iridium」

  [★]

イリジウム

Ir

WordNet   license wordnet

「a heavy brittle metallic element of the platinum group; used in alloys; occurs in natural alloys with platinum or osmium」
Ir, atomic number 77

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「イリジウム(金属元素;化学記号は『Ir』)」


Ir」

  [★]

イリジウム

iridium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iridiumの化学記号」


イリジウム放射性同位体」

  [★]

iridium radioisotope




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡