イム

出典: meddic

imu



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/12 19:42:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

イム(imu)は、文化結合症候群のうち、アイヌ社会にのみ見られる精神疾患の一つ として名づけられた名称。 [編集] 特徴・症状. 中年以上の女性に多く見られるものとされ る。物事に驚いたとき意識を失う、自分の意思とは無関係に、相手の命ずるままの行動 を ...
林 昌勇(イム・チャンヨン、1976年6月4日 - )は、大韓民国の全羅南道光州市(現:光州 広域市)出身のプロ野球選手(投手)。右投げ右打ち。メジャーリーグベースボールの シカゴ・カブスに所属。 目次. 1 来歴・人物. 1.1 韓国時代; 1.2 日本時代; 1.3 米国時代 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 消化酵素剤

販売名

※※ オーネスSP配合カプセル

組成

組 成

  • オーネスSP配合カプセルは1カプセル中下記の成分を含有する。
    ビオヂアスターゼ2000………15mg
    ニューラーゼ…………………20mg
    セルラーゼAP3…………………5mg
    膵臓性消化酵素TA……………45mg
    プロザイム6…………………10mg
    添加物
    トウモロコシデンプン、乳糖水和物、カルメロースカルシウム、ポビドン、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロースフタル酸エステル、精製セラック、タルク、モノステアリン酸グリセリン
    (カプセル本体中)
    黄色4号(タートラジン)、赤色3号、ラウリル硫酸ナトリウム、ゼラチン、酸化チタン

禁忌

  • (1)本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者。
  • (2)ウシ又はブタたん白質に対し過敏症の既往歴のある患者。


効能または効果

  • 消化異常症状の改善


  • 通常、成人1回2カプセルを1日3回食後に経口投与する。年齢・症状により適宜増減する。


有効成分に関する理化学的知見

胃溶性顆粒

○ビオヂアスターゼ2000

  • アスペルギルスに属する糸状菌を培養し、抽出、精製した酵素で、主として、でんぷん消化力、蛋白消化力、繊維素消化力を有する。活性pH域は3.0〜9.0です。

○ニューラーゼ

  • リゾープスに属する糸状菌を培養し、抽出、精製した酵素で、蛋白消化力、脂肪消化力を有する。活性pH域は、2.5〜4.5である。

○セルラーゼAP3

  • アスペルギルスに属する糸状菌を培養し、抽出、精製した酵素で、繊維素消化力を有する。活性pH域は、3.0〜7.0である。

腸溶性顆粒

====○膵臓性消化酵素TA ==== *主としてブタの膵臓から製した酵素で、でんぷん消化力、蛋白消化力、脂肪消化力を有する。活性pH域は、6.0〜9.0である。

○プロザイム6

  • アスペルギルスに属する糸状菌を培養し、抽出、精製した酵素で、蛋白消化力を有する。活性pH域は、5.0〜8.5である。


★リンクテーブル★
拡張検索ウンナ・パッペンハイム染色」「サイム義足」「タイムキーパー

ウンナ・パッペンハイム染色」

  [★]

Unna-Pappenheim stain
メチルグリーン・ピロニン染色 methyl green-pyronin stain


サイム義足」

  [★]

ankle disarticulation prosthesis


タイムキーパー」

  [★]

timekeeper
計時係




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡