イプロニアジド

出典: meddic

iproniazid、((欧州))iproniazide

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フェノバルビタール処置ラットにおけるイプロニアジド誘起性肝炎に対するアスコルビン酸の効果(発表論文抄録(1994))
  • 松木 洋子,坂東 理恵,際田 弘志,前田 晴美,五郎丸 毅,マツキ ヨウコ,バンドウ リエ,キワダ ヒロシ,マエダ ハルミ,ゴロウマル ツヨシ,Yoko MATSUKI,Rie BANDOU,Hiroshi KIWADA,Harumi MAEDA,Tsuyoshi GOROMARU
  • 福山大学薬学部研究年報 = Annual report of the Faculty of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, Fukuyama University 13, 49-50, 1995
  • NAID 120005499544
  • フェノバルビタール処置ラットにおけるイプロニアジド誘起性肝炎に対するアスコルビン酸の効果(発表論文抄録(1994))
  • 松木 洋子,坂東 理恵,際田 弘志,前田 晴美,五郎丸 毅
  • 福山大学薬学部研究年報 13, 49-50, 1995
  • NAID 110007408480
  • イプロニアジドの体内動態並びにフリーラジカル中間代謝物に及ぼすアスコルビン酸の影響(発表論文抄録(1991年))
  • 松木 洋子,本宮 ゆかり,野田 優子,際田 弘志,桜井 弘,五郎丸 毅,マツキ ヨウコ,ホングウ ユカリ,ノダ ユウコ,キワダ ヒロシ,サクライ ヒロム,ゴロウマル ツヨシ,Yoko MATSUKI,Yukari HONGU,Yuko NODA,Hiroshi KIWADA,Hiromu SAKURAI,Tsuyoshi GOROMARU
  • 福山大学薬学部研究年報 = Annual report of the Faculty of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, Fukuyama University 11, 68-69, 1993
  • NAID 120005499437

関連リンク

塩酸イミプラミン imipramine hydrochloride(トフラニール®、イミドール、クリテミン). イプロニアジドの次に開発された抗うつ薬、最初の三環系抗うつ薬、第1世代、第3級 アミン; モノアミン(ノルアドレナリン・セロトニン)再取り込み阻害薬 ...
イソニアジドとイプロニアジドは、MAO阻害薬(モノアミン酸化酵素阻害薬)に分類され ますが、イソニアジドのほうは抗結核薬として用いられています。1952年にイソニアジド やイプロニアジドを投与された結核患者の中に、『気分の高揚感・爽快感・多幸感』を ...

関連画像

 イプロニアジド」と言う薬剤をメタカロンフェンシクリジン・クラインはイプロニアジド メペリジンゾピクロン


★リンクテーブル★
リンク元iproniazide
関連記事プロ」「アジド

iproniazide」

  [★]

イプロニアジド

iproniazid


プロ」

  [★]

pro

アジド」

  [★]

azideazido
アジ化物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡