イプシロンアミノカプロン酸

出典: meddic

epsilon-aminocaproic acid, epsilon aminocaproic acid EACA
ε-アミノカプロン酸6-aminohexanoic acid
抗線溶療法、トラネキサム酸



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アプロチニンに関する話題と心臓手術中の出血対策 (特集 心臓麻酔の最前線)
  • グラフィック 化学物質による皮膚障害(62)イプシロンアミノカプロン酸による接触皮膚炎の1例
  • 鶴田 京子,松永 佳世子
  • 医薬ジャ-ナル 40(11), 5-11, 2004-11
  • NAID 40006482510

関連リンク

イプシロンアミノカプロン酸とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
イプシロン-アミノカプロン酸の特徴 イプシロン-アミノカプロン酸(ε-アミノカプロン酸)は炎症物質の生成を抑える作用を示し、目の炎症を改善する効果を期待して用いられる。 「イプシロン-アミノカプロン酸」が配合 ...

関連画像

スマイル40 プレミアム 吸着性 このニュースを見ている人は イプシロンアミノカプロン 酸 特定非営利活動法人(NPO法人) イプシロンアミノカプロン酸


★リンクテーブル★
先読みトラネキサム酸」「ε-アミノカプロン酸」「6-aminohexanoic acid
リンク元epsilon-aminocaproic acid」「EACA
関連記事」「イプシロン」「プロ

トラネキサム酸」

  [★]

tranexamic acid
acidum tranexamicum
trans-4-aminomethylcyclohexane-1-carboxylic acid, t-AMCHA, 4-(aminomethyl)cyclohexane-carboxylic acid, EACA
ケイサミントランサボントランサミンバナリントッププレタスミンヘキサトロンヘムロンラノビスリカバリン
Cyklokapron


構造

  • フィブリンのリシン残基に似た構造

作用機序

  • フィブリンのリシン残基に似ているため、プラスミンがフィブリンではなくε-アミノカプロン酸に結合する。このためフィブリンの分解が抑制され、結果として線溶系が抑制される。



ε-アミノカプロン酸」

  [★]

ε-aminocaproic acid
EACA
  • 止血薬

構造

  • フィブリンのリシン残基に似た構造

作用機序

  • フィブリンのリシン残基に似ているため、プラスミンがフィブリンではなくε-アミノカプロン酸に結合する。このためフィブリンの分解が抑制され、結果として線溶系が抑制される。

薬理作用

動態

適応

注意

禁忌

副作用

相互作用

6-aminohexanoic acid」

  [★]

6-アミノヘキサン酸

6-aminocaproic acidepsilon-aminocaproic acid


epsilon-aminocaproic acid」

  [★]

イプシロンアミノカプロン酸ε-アミノカプロン酸

6-aminocaproic acid6-aminohexanoic acid


EACA」

  [★] イプシロンアミノカプロン酸, epsilon aminocaproic acid


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

イプシロン」

  [★]

epsilon
  • (Greek)epsilon
ε

ミノカプロン酸


プロ」

  [★]

pro




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡