イノシトール三リン酸レセプター

出典: meddic

inositol 1,4,5-trisphosphate receptor
イノシトール三リン酸受容体イノシトール1,4,5-三リン酸受容体イノシトール3リン酸受容体イノシトール3リン酸レセプター

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • IP3レセプターとCa〔2+〕シグナリング (生命秩序を担う生体超分子) -- (生命活動に秩序を与える情報変換超分子システム)
  • SII-4 イノシトール三リン酸レセプター (膜貫通蛋白 : レセプター、イオンチャンネル、トランスポーター)
  • 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集 (34), 12, 1993-10-28
  • NAID 110003158037

関連リンク

補足説明 イノシトール三リン酸受容体(IP 3 レセプター) 細胞内カルシウムイオンチャネル。細胞外情報物質(ホルモンや神経伝達物質)が細胞膜にある受容体に結合した結果、細胞膜の構成成分の1つである ...
独立行政法人 科学技術振興機構(JST,理事長 沖村憲樹)と独立行政法人 理化学研究所(理事長 野依良治)は、東京大学、トロント大学(カナダ)と共同で、細胞内カルシウムチャネルであるイノシトール三リン酸(IP 3 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みイノシトール三リン酸受容体
リンク元inositol 1,4,5-trisphosphate receptor」「イノシトール3リン酸受容体」「イノシトール1,4,5-三リン酸受容体」「イノシトール3リン酸レセプター
関連記事イノシトール」「リン」「」「リン酸

イノシトール三リン酸受容体」

  [★] イノシトール1,4,5-トリスリン酸受容体

inositol 1,4,5-trisphosphate receptor」

  [★] イノシトール1,4,5-三リン酸受容体イノシトール三リン酸受容体イノシトール三リン酸レセプターイノシトール3リン酸受容体イノシトール3リン酸レセプターIP3 receptorIP3R


イノシトール3リン酸受容体」

  [★]

inositol 1,4,5-trisphosphate receptor
イノシトール三リン酸受容体イノシトール1,4,5-三リン酸受容体イノシトール3リン酸レセプターイノシトール三リン酸レセプター

イノシトール1,4,5-三リン酸受容体」

  [★]

inositol 1,4,5-trisphosphate receptor
イノシトール三リン酸受容体イノシトール3リン酸受容体イノシトール3リン酸レセプターイノシトール三リン酸レセプター


イノシトール3リン酸レセプター」

  [★]

inositol 1,4,5-trisphosphate receptor
イノシトール三リン酸受容体イノシトール1,4,5-三リン酸受容体イノシトール3リン酸受容体イノシトール三リン酸レセプター

イノシトール」

  [★]

inositol, Ino
イノシット inositeヘキサヒドロキシシクロヘキサン hexahydroxycyclohexane
  • イノシトール (inositol) はシクロヘキサンの各炭素上の水素原子がひとつずつヒドロキシ基に置き換わった構造(1,2,3,4,5,6-シクロヘキサンヘキサオール)を持つ、シクリトールの一種である。組成式は C6H12O6、分子量は 180.16。甘味を持つ。
  • 無色の結晶であり、生体成分として広く存在し、生体内でグルコースより生合成される。
  • 6個のヒドロキシ基がすべてリン酸化されたのがフィチン酸であり、植物組織内でリン酸の貯蔵形態として存在する。

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡