イノシトール一リン酸

出典: meddic

inositol monophosphate, IMP
イノシトールリン酸, イノシトール1リン酸

IMPの生合成

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アミロイドβタンパクの神経毒性機構
  • 服部 尚樹,北川 香織,中山 靖久,稲垣 千代子
  • 日本薬理学雑誌 131(5), 326-332, 2008-05-01
  • アミロイドβタンパク(Aβ)はアミロイド前駆タンパク(APP)からβ-およびγ-セクレターゼによってペプチド分解されて生成され,Aβオリゴマーとなって神経細胞毒性を生じる.細胞外のAβ沈着に先立って細胞内に主にAβ1-42が蓄積し,神経細胞傷害をきたす.細胞内Aβの起源として,細胞内産生よりも細胞外に分泌されたAβが細胞内に取り込まれる経路が優位であると考えられている.細胞外Aβによる神経細胞毒性 …
  • NAID 10024382563

関連リンク

イノシトールは,ビタミン様物質として分類されており,動植物の生体内において多彩な機能を有し,細胞増殖や癌化などにも深く関わっている生理活性物質の一つです 1)。イノシトールには全部で9種類の立体異性体が存在しますが ...
イノシトール3リン酸 神経の成長に 2009年、理化学研究所は動物の神経細胞が成長に伴い伸びていく方向を制御する仕組みを解明した。 ニワトリの卵から神経になる部分を取りだし、培養した。そこへ神経を成長させる神経成長因子を ...

関連画像

イノシトール三リン酸受容体 基礎薬理作用 vol.8: 薬剤師の イノシトール三リン酸受容体 マウスの成熟脳で神経回路を Patent Drawing


★リンクテーブル★
先読みIMP」「イノシトールリン酸」「リボース5-リン酸
リンク元5-ホスホリボシル1α-二リン酸」「inositol monophosphate」「イノシトール1リン酸
関連記事イノシトール」「リン」「」「リン酸

IMP」

  [★]


イノシトールリン酸」

  [★]

inositol phosphate, IP
inositol monophosphate
  • リン酸化されたイノシトールの総称


リボース5-リン酸」

  [★]

ribose 5-phosphate, R5P
ペントースリン酸回路



5-ホスホリボシル1α-二リン酸」

  [★]

phosphoribosylpyrophosphate,5-phosphoribosyl 1-pyrophosphate ,PRPP
5-ホスホリボシル1-ピロリン酸ホスホリボシルピロリン酸 phosphoribosyl pyrophosphate5-ホスホリボシル1-二リン酸 5-phosphoribosyl 1-diphosphate
  • 図:FB.470
  • dNTP合成基質
  • イノシトール一リン酸(IMP)合成系路の中間物質


inositol monophosphate」

  [★]

イノシトール一リン酸イノシトール1リン酸イノシトールリン酸

inositol phosphateIP


イノシトール1リン酸」

  [★]

inositol monophosphate
イノシトール一リン酸イノシトールリン酸


イノシトール」

  [★]

inositol, Ino
イノシット inositeヘキサヒドロキシシクロヘキサン hexahydroxycyclohexane
  • イノシトール (inositol) はシクロヘキサンの各炭素上の水素原子がひとつずつヒドロキシ基に置き換わった構造(1,2,3,4,5,6-シクロヘキサンヘキサオール)を持つ、シクリトールの一種である。組成式は C6H12O6、分子量は 180.16。甘味を持つ。
  • 無色の結晶であり、生体成分として広く存在し、生体内でグルコースより生合成される。
  • 6個のヒドロキシ基がすべてリン酸化されたのがフィチン酸であり、植物組織内でリン酸の貯蔵形態として存在する。

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡