イノシトールリン脂質

出典: meddic

inositol phospholipid
リン脂質


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/18 12:42:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3K1012 イノシトールリン脂質系における波の位相特異点ダイナミクス(細胞生物的課題3,第49回年会講演予稿集)
  • Taniguchi Daisuke,Ishihara Shuji,Oonuki Takehiko,Kaneko Kunihiko,Sawai Satoshi
  • 生物物理 51(SUPPLEMENT_1), S144, 2011-08-15
  • NAID 110008903576
  • 2K1548 接着分子によるイノシトールリン脂質代謝系自己組織化パターンの制御(細胞生物的課題2,第49回日本生物物理学会年会)
  • Yamazaki Shinichi,Matsuoka Satomi,Tsujioka Masatsune,Takagi Hiroaki,Ueda Masahiro
  • 生物物理 51(SUPPLEMENT_1), S94, 2011-08-15
  • NAID 110008903313

関連リンク

... (PLC)が活性化され、イノシトールリン脂質が分解され、イノシトール1、4、5ー3リン酸(IP3)とジアシルグリセロール(DG)という2次メッセンジャーが産生されます。IP3は小胞体からのカルシウム動員を促し、DGは神戸大学の西塚 ...
蛋白質 核酸 酵素Vol.49No.10(2004) 1361 脂質を見る イノシトールリン脂質を見る シグナル伝達脂質の細胞内イメージング 成川-篠崎苗子・柴崎芳一 シグナル伝達脂質のひとつイノシトールリン脂質は,その特異的部位のリン酸化により,それ

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みリン脂質
リンク元phosphoinositide」「ホスホイノシチド」「フォスファチジルイノシトール」「inositol phospholipid」「ホスホイノシタイド
拡張検索イノシトールリン脂質3キナーゼ」「イノシトールリン脂質加水分解」「イノシトールリン脂質ホスホリパーゼC
関連記事リン」「

リン脂質」

  [★]

phospholipid PL
ホスファチド phosphatide



phosphoinositide」

  [★] ホスホイノシチド

phosphoinositides
inositol phospholipid、phosphatidyl inositol、phosphatidylinositolPIPtdIns
  • (イノシトールのリン酸化誘導体を含む脂質)

ホスホイノシチド」

  [★]

phosphoinositide PI
ホスファチジルイノシトールイノシトールリン脂質ホスホイノシタイド


フォスファチジルイノシトール」

  [★]

phosphatidylinositol、phosphatidyl inositol
ホスファチジルイノシトールイノシトールリン脂質


inositol phospholipid」

  [★]

イノシトールリン脂質

phosphatidyl inositol、phosphatidylinositolphosphoinositidePtdIns

ホスホイノシタイド」

  [★]

phosphoinositide
ホスホイノシチドイノシトールリン脂質

イノシトールリン脂質3キナーゼ」

  [★]

phosphatidylinositol 3-kinasephosphoinositide 3-kinasePI 3-kinasePI3-kinase
ホスファチジルイノシトール3キナーゼ、ホスホイノシチド3キナーゼ、PI3-キナーゼPI3キナーゼPI-3キナーゼホスファチジルイノシトール-3-キナーゼ

イノシトールリン脂質加水分解」

  [★]

phosphatidylinositol hydrolysis
イノシトールリン脂質代謝


イノシトールリン脂質ホスホリパーゼC」

  [★]

phosphoinositide phospholipase C
ホスホリパーゼC


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡