イニシエーター

出典: meddic

initiator
イニシエータ発動因子

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/15 07:57:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • B-6-60 IKEv2におけるイニシエータIDの機密性確保方式に関する一検討(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)
  • 水野 志郎,田村 藤嗣彦,示野 隆,佐藤 晴樹,本野 智治
  • 電子情報通信学会総合大会講演論文集 2010年_通信(2), 60, 2010-03-02
  • NAID 110007869175
  • レイヤ1帯域オンデマンドサービスを用いたSINET3上でのiSCSI多重度制御機構の性能評価(ポストIPネットワーキング,ネットワークモデル,インターネットトラヒック,TCP/IP,マルチメディア通信,ネットワーク管理,リソース管理,プライベートネットワーク,NW安全性及び一般)
  • キッタナナン ジャッカパン,井上 史斗,大崎 博之 [他],野本 義弘,今瀬 真
  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 109(189), 23-28, 2009-09-03
  • 本稿では、広域・広帯域ネットワークであるSINET3(Science Information Network 3)上で、iSCSI-APT(iSCSI with Automatic Parallelism Tuning)の性能評価を行う。iSCSI-APTはiSCSIプロトコルのイニシエータ側での拡張であり、iSCSIスループットを最大化するように複数コネクション数を自動的に調整する。SINET3 …
  • NAID 110007387346
  • イニシエーターDnaAタンパク質による大腸菌染色体複製開始機構 (特集 細胞増殖とゲノム安定性維持のかなめ,DNA複製のメカニズム解明に迫る)

関連リンク

栄養・生化学辞典 イニシエーターの用語解説 - (1) DNAの複製を開始する因子であるタンパク質.(2) 発がんはDNAの変異から始まりその変化を形質として発現させる(プロモーション)という二段階で起こるという説がある.最初の ...
イニシエータとは、SCSI規格により接続された機器に命令を発する装置のことである。イニシエータはホスト側に備わっており、接続されたストレージ機器などに対してデータの読み出しなどの命令を出す役割を持っている。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読みinitiator
リンク元発動因子」「イニシエータ
拡張検索腫瘍イニシエーター」「発癌イニシエーター」「イニシエーターカスパーゼ」「イニシエーターtRNA

initiator」

  [★]


発動因子」

  [★]

initiator
イニシエータイニシエーター

イニシエータ」

  [★]

initiator
イニシエーター発動因子

腫瘍イニシエーター」

  [★]

tumor initiator
がん原物質発癌プロモーター発癌イニシエーター

発癌イニシエーター」

  [★]

tumor initiator
腫瘍イニシエーター


イニシエーターカスパーゼ」

  [★]

initiator caspase
誘導型カスパーゼ

イニシエーターtRNA」

  [★]

initiator tRNA
メチオニン転移RNA




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡