イド

出典: meddic

id
エス


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/13 15:32:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 患者の訴えから考える OTCセレクトガイド(第10回)虫刺され、虫よけ
  • 三上 彰貴子
  • 日経ドラッグインフォメーションpremium (177), 58-62, 2021-07
  • NAID 40019380295
  • 食品防御対策ガイドライン(食品製造工場向け) (食品の腐敗・変敗防止と人為的な食品汚染防止。)

関連リンク

イド、自我、超自我:心理カウンセリング、心理カウンセラーになるための基礎的な用語を 解説します。
タイトル. id [イド] - Rebirth Session -. 発売日. 2010年1月29日発売. 価格. 9.240円( 税込). 原画. アマクラ. シナリオ. 川石幸宏. 対応OS. Windows/2000/XP/VISTA. CPU. PentiumⅢ 800MHz(推奨:1.0GHz以上). メモリ. XP 256MB / Vista 512MB以上必須 ...

関連画像

 ヴェルトール イド とか言うな20100526_450c370b81d7ecbe2b107NHpiL09d0MJ  ヴェルトール・イド的な何かイドへ至る森へ至るイド イドがHIT。というかこのdragonheader_wallpaper.jpg 1024×768

添付文書

薬効分類名

  • 鎮痛・消炎・解熱剤

販売名

メジェイド筋注50mg

組成

有効成分

  • メジェイド筋注50mgは、1管2.5mL中に日本薬局方ケトプロフェン50mgを含有

添加物

  • L−アルギニン36mg、ベンジルアルコール25mg、等張化剤、pH調整剤

禁忌

  • 消化性潰瘍のある患者[プロスタグランジン生合成抑制作用により、消化性潰瘍を悪化させることがある。]
  • 重篤な血液の異常のある患者[血液の異常を悪化させるおそれがある。]
  • 重篤な肝障害のある患者[肝障害を悪化させるおそれがある。]
  • 重篤な腎障害のある患者[プロスタグランジン生合成抑制作用による腎血流量の低下等により、腎障害を悪化させるおそれがある。]
  • 重篤な心機能不全のある患者[腎のプロスタグランジン生合成抑制作用により浮腫、循環体液量の増加が起こり、心臓の仕事量が増加するため症状を悪化させることがある。]
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[アスピリン喘息発作を誘発することがある。]
  • シプロフロキサシンを投与中の患者(「相互作用」の項参照)
  • 妊娠後期の女性(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

  • ○下記の疾患並びに状態における鎮痛・消炎
      術後、外傷、各種癌、痛風発作、症候性神経痛
  • ○緊急に解熱を必要とする場合

○鎮痛・消炎の目的に用いる場合

  • 通常、成人にはケトプロフェンとして1回50mgを殿部筋肉内に注射し、その後必要に応じて1日1〜2回反復注射する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

○解熱の目的に用いる場合

  • 通常、成人にはケトプロフェンとして1回50mgを1日1〜2回殿部筋肉内に注射する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 消化性潰瘍の既往歴のある患者[消化性潰瘍を再発させることがある。]
  • 血液の異常又はその既往歴のある患者[血液の異常を悪化又は再発させるおそれがある。]
  • 出血傾向のある患者[血小板機能低下が起こることがあるので、出血傾向を助長することがある。]
  • 肝障害又はその既往歴のある患者[肝障害を悪化又は再発させるおそれがある。]
  • 腎障害又はその既往歴のある患者[腎障害を悪化又は再発させるおそれがある。]
  • 心機能異常のある患者[心機能を悪化させるおそれがある。]
  • 過敏症の既往歴のある患者
  • 気管支喘息のある患者[アスピリン喘息を誘発することがある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 潰瘍性大腸炎の患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • クローン病の患者[症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

  • ショック、アナフィラキシー(頻度不明):ショック、アナフィラキシー(蕁麻疹、呼吸困難等)があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 中毒性表皮壊死症(頻度不明):中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。
  • 急性腎不全、ネフローゼ症候群(頻度不明):急性腎不全、ネフローゼ症候群があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止すること。

薬効薬理

  • ケトプロフェンは酸性非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)である。プロスタグランジン生合成の律速酵素であるシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害し、プロスタグランジンの産生を抑制することにより、抗炎症作用、解熱作用、鎮痛作用をあらわす。構成型COX(COX-1)と誘導型COX(COX-2)に対する選択性はない。2)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ケトプロフェン(Ketoprofen)

化学名

  • (2RS)-2-(3-Benzoylphenyl) propanoic acid

分子式

  • 16143

分子量

  • 254.28

性 状

  • 本品は白色の結晶性の粉末である。メタノールに極めて溶けやすく、エタノール(95)又はアセトンに

溶けやすく、水にほとんど溶けない。
本品のエタノール(99.5)溶液(1→100)は旋光性を示さない。
本品は光によって微黄色になる。

融 点

  • 94〜97℃


★リンクテーブル★
先読みid
リンク元エス
拡張検索オピオイドローテーション」「μオピオイド受容体」「ボイドボリューム」「リポイド過形成」「肺アミロイドーシス

id」

  [★]

WordNet   license wordnet

「(psychoanalysis) primitive instincts and energies underlying all psychic activity」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「イド(精神分析で無意識層にある本能的衝動の源泉)」


エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考



オピオイドローテーション」

  [★]

強オピオイド鎮痛薬WHO方式癌疼痛治療
  • 鎮痛効果や副作用がうまくバランスできない場合に他の強オピオイド鎮痛薬に変えて施用すること。


μオピオイド受容体」

  [★]

mu opioid receptor
μ受容体μオピオイドレセプター


ボイドボリューム」

  [★]

void volume
空隙容量ボイド容量


リポイド過形成」

  [★]

congenital adrenal lipoid hyperplasia



肺アミロイドーシス」

  [★]

pulmonary amyloidosis




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡